blog,  フィルムカメラ,  写真日記

Konica Ⅰ Ⅱ Ⅲ

先月の話、たまたまどこかのサイトで見かけたのですが、Konica Ⅱというカメラが、とても美しかったので興味を持ちました。それを早速ですが入手。戦後間もないカメラなんですが、極めてデザインの美しいカメラです。
ジャンク品でしたので、修理も兼ねていましたが、それは修復され、現状バッチリ写真が撮れます。
それを調べている間ですが、前の機種である、コニカ1型や、後継機のKonicaⅢにも興味を持ってしまいました。というわけで入手ですよ。
それぞれ分解もしましたので、構造面も、ある程度理解しました。分解の過程もアップしようかと思いましが、調べると他にもけっこう出てるようなので、とりあえずはそちらを調べる事をおすすめします。
とりあえず、写真も撮りましたので、そちらの感想。
尚、このページは、今後かなり編集される可能性があります。というのも、写真を撮っていない機種が多いもので・・

Konica Ⅰ

コニカ1型

いわゆる、ストレートに名前はKonicaのようです。後継機があるものなので、KonicaⅠといった感じでしょうか?なんというか、可愛いカメラです。
戦後すぐに登場したカメラのようで、レンジファインダー機となっております。なので、構図はともかく、ピントはバッチリ合わせる事が可能です。
構造を言いますと、極めて単純で、修理難度も高くはありません。ただ、簡単と言いましても、難しいので、される場合は自己責任で。

このカメラ、レンズはHexanon 50mm F2.8というレンズが搭載されていて、どのような写りなのか分かりませんでしたが、写りはかなり良いです。まだ試していませんが、Hexar 50mm F3.5 というレンズを搭載したレンズもあるようです。

写り

KonicaⅡ/KODAK GOLD 200

撮りました!と言いますか、レンズが同じであり、写りはまったく同じなので、KonicaⅡの写真をアップしてみました。普通に撮れてますが、最短撮影距離が1メートルと長いのが難点です。まぁレンジファインダーなので、パララックスの問題もあり、構図が大きくずれるので、仕方のないところ。
写りに何ら問題はありません。
Hexar 50mm F3.5のほうも入手しましたので、そちらで撮影したらアップしてみようかと思います。

Konica Ⅱ

KonicaⅡ

そもそもの本題がこちらなんですが、この曲線的なデザインに一目ぼれしてからの購入でした。ジャンク品でしたが。
シャッターは切れず、レンズはカビだらけ、絞りは油まみれでした。最初に直したので、とても時間がかかってしまいましたが、これでこのカメラはなんとなく理解しました。
難点を言いますと、ストラップを付けるところが無く、カメラケースでも付けないと、使い勝手は良くないです。あと、シンクロ接点が、コダックタイプです。この接点用のケーブルが、現在存在しないので、事実上はストロボは使えないカメラです。ただ、方法が無いわけではありませんが、それほど苦労するならば、ドイツ標準タイプの型もありますので、そちらを使えば良いと思います。ただ、なんとなくカッコいいのは、こちらのコダックタイプのKonicaⅡでしょうか?

このカメラも、何タイプかレンズの違いもありますが、とりあえずベーシックモデルです。あとですが、このカメラ何度も小変更があるみたいで、同じグレードでも部品や仕様が異なる事が多々あります。

写り

KonicaⅡ/KODAK GOLD 200

戦後すぐのカメラだと侮っていましたが、写りは素晴らしいです。まさか、ここまで写るとは・・シャープですし、ボケもそれなりに綺麗です。ピントも完璧というか、ぼくなりに調整しましたので完璧なのですが、パララックスの関係で、構図は思ったように出来ません。特にですが上のほうが写っていません。これは、カメラごとに違うようなので、そのカメラのパララックスがどちらにずれているのか?を考えて撮ったほうが良いですね。上側が足りないようなので、今後はそれよりやや下に向けて撮れば良いだけです。
あと、露出計がありませんが、今だとスマホの露出計アプリが非常に便利だと思います。

KonicaⅡ/KODAK GOLD 200

こういう、薄暗いところでも案外いけます。少なくとも、一眼レフ機のようにシャッターショックとミラーショックが無い分、ぶれには強いです。
レンズのシャープさとも相まって、なかなかに良い感じです。おそらく、絞りはF4程度でシャッターは1/20程度でしょうが、なんとかなりました。

KonicaⅡ/KODAK GOLD 200

個人的に、レンジファインダー機に関しては期待はしていなかったのですが、予想外にピントは合いますね。ぼくにとっては、初のレンジファインダー機ですが、なかなかに良いです。
ただ、一眼レフのように、目にピンポイントで合わせるような感じで撮るのは難しいので、それなりに絞ったほうが良さげです。そもそも、撮影距離的にそんな事得意じゃありませんが・・

今後、このKonicaⅡで写真を撮りましたら、またアップしてみようかと思います。

Konica Ⅲ

Konica ⅢA

このカメラに関しては、構造的に難を感じました。というのは、横に付いた巻き上げレバーです。これ自体は良いのですが、構造的には、どう考えてもレバーを引っ張るバネが切れると思います。この機種のジャンク品によく見られるのですが、レバーが落ちているのは、バネガ切れているからと考えたほうが良いかもしれません。
多くの改良が施されていますが、将来の耐久性を考えれば、この三型が一番脆いのではないかと思えます。
とはいえ、単純な構造なので、これ以降のカメラより脆いというわけではなさそうですが、部品が無い事を考えれば、構造が単純なもののほうが信頼性は高いと思います。

あと、レンズの絞りや、シャッタースピードが、連動して動くのですが、ウザいだけです。従来の操作系のものもありますので、そちらのほうが良いです。

カメラそのものは?と言われれば、なかなか良いと思います、特にファインダーでしょうか。内部がプリズムなのと、パララックス補正機構が入っています。どのくらい信用できるものなのか?に関しては、まだ撮影していないので分かりませんが、無いよりは良いでしょう。
三型の標準グレードそのものは、レンズが同じであれば、写りは同じですが、ファインダーの見え具合等を考えれば、このⅢA型が名機と言われるのも分からなくもありません。そのせいなのか、ノーマルのⅢ型は安価なので、そこを狙って買うというのも有りですね。

このカメラの写真に関しては、まだ撮っていないので、撮る機会があれば、また写真をアップしようかと思います。

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 写真関連は、初の写真作品で、キヤノン写真新世紀2019年度グランプリ受賞。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。- 尚、写真等の無断使用はお断りいたします。一言ご連絡ください。 お仕事のご相談など、気楽に、ご連絡ください。 e_mail:nakamura.tomomichi@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です