blog,  カメラ,  未分類

Odette 35mm ? オデット?

何これ?こんなカメラを見つける odette ?

odett 35mm ?

カメラのキタムラのジャンク品コーナーで、こんなの見つけました。
odetteと書かれています。 200円でした。
歩いていると、すぐに目に入ってしまいました。まぁ病気ですね。
店員に聞いてみると、このカメラは知らないとの事でした。ネットにも情報が無いと・・

まぁ、トイカメラであることは、このプラボディーを見れば分かりますが、仕様も何も分かりません。少なくとも、シャッタースピードがどのくらいか分からないと、どうにもなりません。どの感度のフィルムを使えばよいのか・・

ネットで調べますが、確かに情報がありません。というわけで、海外の情報を調べると、わずかながら情報が・・
名前は、odette 35mm と書かれていました。と言いますか、これとは若干の仕様の違いがありましたが、右上のシール部分に、35mmと書いてありました、他は外観も同じ、MADE IN TAIWAN とあります。

レンズは、35mm F5.6 とある

FOCUS FREE 35mm 1:5.6 レンズ

FOCUS FREE 35mm と書いてあります。本当かどうかは怪しいもんです。
しかし、このような仕様、少々レンズが明るすぎないですか?無限遠に合わせてあるんでしょうか??それとも中距離?ピントは浅そうですが・・

シャッターは、HOLGAとかと同じような感じだとしたら1/100ぐらいか??そうだとしたら明るすぎるので、1/200ぐらいはほしいところ。その点、仕様が分からないものだから、一度撮影してみるしかないかな。。感度はiso100で大丈夫でしょうかね?

レンズのクリアーさは、HOLGAとかよりも良さげ。
一枚構成に見えますが、面白い絵が撮れるかもしれません。

絞りを見てみる

F5.6 の絞り穴

穴小っちゃい・・これ、F5.6より暗いでしょう・・いや、分からない、どうなんでしょうか?こういうインチキくさいカメラは、だいたい表示は適当なものです。撮ってみて、初めて色々なことが分かるのでしょう。
撮るしかないかな。

室内

odettの裏ブタを開けてみる

どうやら、普通の35mm フィルムが使えそうです。特殊な規格でなくて良かったです。
しかし、フィルムに傷が付きそうな室内ですね。。まぁそれも含めて楽しむものでしょうかね?

ホットシュー

odettのホットシュー

このカメラには、一応、ホットシューが付いてます。
で、試しに、Neewer TT560 ストロボを付けてみますと、案の定付きません・・こういうのは、お約束で、多少の加工が必要だったりします。
マイナスドライバーとかで、ホットシューの両サイドの金具を広げて、通りを良くするわけです。
で、取り付けてシャッターを切ると、光ったり光らなかったりです。まぁこんなもんでしょう。長年使っていないようですし、接点が駄目になっているのかもしれません。分解して、接点復元スプレーとかかけたら、直ることがあります。
HOLGA 120Nは、それで直りました。

光らせるコツですが、フィルムの巻き上げをすると、最後に、カチッと鳴ります。これが鳴るところまで巻かないと、ストロボは光らないようです。この段階までは。

とりあえず分解
odett 分解

気になるので分解してみます。
分解するにあたり、外すネジは、わずか4本でした。これ、遮光大丈夫か??
レンズ付近に、シャッターを切るためのピンがあります。そのあたりに、接点復元スプレーを少量かけてみました。

小さくて見えないが、おそらくこの付近に接点がある

こういう、ギロチンシャッターのカメラは、だいたいこれで直るような気がします。
その後調べると、奥の二本のネジが接点になっているようです。シャッターを押すとギロチンシャッターが、ここに当たるような感じでした。
矢印の部分に、接点復元スプレーをかけます。
多すぎるとプラスチックを劣化させる恐れがあるので、少量で。

odett に Neewer TT560 ストロボを付けた図

案の定、ストロボは、100%光るようになりました。これで、このカメラは完璧です。このカメラとしては・・
このカメラがF5.6として、それを信じ、ストロボ撮影もしてみます。

ところで関係ありませんが、この Neewer TT560 ストロボ ですが、個人的に最強だと思います。その汎用性の高さと値段で、これより良いストロボを知りません。
もちろん、光量は足りませんし、アナログ操作しか出来ませんが、そこがシンプルで良いわけです。8本ほど所有しております。

やはり、撮影しないと、分からないことばかりです

結局、これは、情報のないカメラですし、撮影するしか、何か分かる手立てはありません。
というわけで、近日中に撮影してみます。
フィルムと現像含めたら2000円ほど・・それなりに高い代償になるかも?ですかね・・
しかし、好奇心をそそるので、それを止めることは出来なさそうです。
撮れたら、また、ここにアップしてみます。

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 写真関連は、初の写真作品で、キヤノン写真新世紀2019年度グランプリ受賞。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。- お仕事のご相談など、気楽に、ご連絡ください。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です