blog,  写真日記

コロナ禍の夜の街中 福山市

わけあって、福山の街中に滞在中なわけですが、夜中に歩くと、思いのほか人がいません。
今日は、特に何かを撮るという意識がなかったもので、三脚などもなく、APS-Cのカメラに、暗めのレンズを付けた状態で歩いていたもので、ある意味、本当に暗い場所の撮影はままならなかったのですが、幸い地下は明るい状態でした。
そんなわけで、数枚写真を撮ってみたわけですが、後日、もう少し夜間に対応した装備で撮影でもしてみようかと思います。

PENTAX K-5Ⅱs/SMC PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited

とりあえず、明かりがあるものですから、地下へ・・
人の気配はありません。

PENTAX K-5Ⅱs/SMC PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited

なんか、人がいないのもなかなか良いね。元々過疎化した中心市街だったけど、更に人がいなくなった感じ。
しかし、どうなんでしょう?そもそも、夜は寝るものですし、これが本来の姿なのかもしれません。
動物が帰ってくるというようなレベルには、まだなってはいないようです。

PENTAX K-5Ⅱs/SMC PENTAX-DA 21mm F3.2 AL Limited

最初の写真なんかもそうですが、人がいた痕跡のようなものは沢山あります。
昼歩く人も、随分と減りましたが、歩く人がいるから削れている部分もあります。地下なので、車ではなく、人が歩くことで削れたのです。
あとは、水の流れ・・

また、続きも撮ってみようかと思います。

続き

PENTAX K-1/SMC PENTAX-FA 31mm F1.8 Limited

駅前の様子。
金曜の夜だけど、こんな感じ。

PENTAX K-1/SMC PENTAX-FA 31mm F1.8 Limited

駅の前の大通り方向ですが、誰もいません・・

PENTAX K-1/SMC PENTAX-FA 77mm F1.9 Limited

普段では、落ち着いて見られなかったのですが、こうしてみると、公衆電話の配置がおもしろいです。

PENTAX K-1/SMC PENTAX-FA 77mm F1.9 Limited

別角度

PENTAX K-1/SMC PENTAX-FA 31mm F1.8 Limited

ボロボロの空き店舗の中

PENTAX K-1/SMC PENTAX-FA 31mm F1.8 Limited

人の気配なし

PENTAX K-1/SMC PENTAX-FA 77mm F1.9 Limited

この後、トイレ休憩、ついでに記念撮影。

PENTAX K-1/SMC PENTAX-FA 31mm F1.8 Limited

再び、地下に入ってみる。

PENTAX K-1/SMC PENTAX-FA 31mm F1.8 Limited

壁に、いちいち傷があるわけですが、これはスケボーか何かでしょうか?

PENTAX K-1/SMC PENTAX-FA 31mm F1.8 Limited

コロナの陽性者が、福山でも増えてきている様子。翌日24日は、感染者数11人。
岡山市は36人なので、人口比で言えば、けっこうな人数になってきたという感じです。

その日、駅前で、PCR検査キットを貰いました

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 写真関連は、初の写真作品で、キヤノン写真新世紀2019年度グランプリ受賞。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。- 尚、写真等の無断使用はお断りいたします。一言ご連絡ください。 お仕事のご相談など、気楽に、ご連絡ください。 e_mail:nakamura.tomomichi@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です