blog,  カメラ

ケンコー・トキナー モノクロカメラ KC-TY01 を注文してしまいました

感熱紙を使用するインスタントカメラ

先日、たまたま、チェキのモノクロフィルムを買おうかと悩んでいたのですが、チェキはランニングコストは安くないという現実があります。
もちろん、フィルムなので、その良さがあるのは間違いありません。

で、たまたまニュースサイトを見ていたら、出てきたのがこれ、モノクロカメラ KC-TY01
見た瞬間に、色々出来そうだ、作品に使えそうと思いました。
そして、レシート等に使うような、感熱紙を使うことから、ランニングコストは、大幅に安くなるため、実験も沢山できます。
1ロールで80枚撮影できることは大きいと思います。

仕様は・・

イメージセンサー1/6.5型 CMOS
総画素数約32万画素(648×488)※1
有効画素数約31万画素(640×480)※1
レンズf=2.8mm F2.8
35mm換算焦点距離44mm
撮影距離標準 : 約0.3m 〜 ∞
内蔵メモリーユーザー使用可能領域はありません
印刷方法感熱式
印刷解像度200dpi
印刷ドット384ドット / ライン
ドット数8ドット/mm
印刷領域47×62mm
用紙の幅57±1mm
シャッタースピード1/100秒
ISO感度ISO 100
内蔵電池リチウムイオン充電池
定格電圧DC5V
定格電流1A
USBポートUSB micro B
寸法(幅×高さ×奥行)約137×90×51mm
重量約226g(付属品除く)

とのこと
1/6.5型センサーで、31万画素というところが泣かせます。
普通に考えたら、現在の仕様としては低すぎるスペックです。
しかし、680×480というサイズは、ビデオのSDサイズで馴染みの深いものでもあります。ほんの十数年前までは、かなりお世話になった画像サイズですね。映写すると、ドットが目立ちます。
ですが、ロールの感熱紙のサイズを考えると、十分な解像度でもあります。
おそらく、元のデジタル画像そのものは、それほど面白いものではないとは思いますが、感熱紙で印刷することで、味が出てくるのは、容易に想像できます。拡大して現れる、ドットも、この場合は味になると思います。

とりあえず、試してみないと分からない

色々と想像はしてみたものの、実際に使ってみないと分からないこともあります。
手元に届いたら、色々と試してみようかと思います。

カメラが到着

KC-TY01 買った時の状態

2020年9月18日、KC-TY01は、まったくの玩具のような状態でやってきました。ある意味新鮮かと。
ドン・キホーテとかのディスカウントストアとかで、普通に売ってそうな感じ。
まずは、充電からです。電池は内蔵しているようです。

裏側

手に取った時、どのような商品なのか、分かるようになっています。

レンズと思っていた所が・・

KC-TY01 F2.8のレンズ

なんと、レンズと思っていた場所は、レンズではなく、ここがレンズです。
つまり、ここを何気なく持って撮影すると、何も写らないわけです。
けっこう適当な作りで、ノートパソコンとかのカメラのようです。まぁ、性能的にも、一昔前のそれですが・・

これはレンズではありません

KC-TY01 ロール紙収納用の蓋

レンズと思っていた場所は、この蓋を開けるための、つまみでありました。
あと、これかなり固く、壊れてしまうのではないかと心配になりましたが、なんとか開きました。この中に、感熱紙のロールを入れることになります。

ロール紙を入れます

ロール紙のテープを貼っていたところが破れたので、その部分までカットすることに。
閉じて、びりびりと剥がしていきます。

このロール紙の値段なんですが

モノクロカメラ用 ホワイトペーパー 3個セット KC-TY01P
リンクから分かる通り、3ロールで1650円しかしません。
せっかくだから、汎用の感熱紙が使えれば、もっと安くあがるのですが、カメラが太くなるので、そうもいかないかもしれませんね。
ちなみに、調べたところ、キタ〇ラでは、今のところ1100円でした。

ストラップは汎用のものです

アマゾンとかでよく見かけるものと同じ? KC-TY01のストラップ

ストラップは、、アマゾンとかでもよく見かけるものと似ています。というか、同じもの?
実は、同じようなものを持っているので、分かるのですが、たぶん同じものです。
それは置いといて、おしゃれで良いと思います。

撮影してみる

KC-TY01 写真

このカメラ、電源を入れて、シャッターを押しても何も起こりませんでした・・ジャンク品?と思いましたが、シャッターを数回押すと写真が撮れました。
仕様でしょうかね?
ガショーンと音が鳴るので、それが撮れた証拠です。

で、出てきた写真はこのような感じです。
まったくのレシートという感じですね。これは、思っていた通りなのでこれでOKです。
デジタルの写真ではありますが、感熱紙というアナログ要因によって、揺らぎのある写真が撮れます。

最初のモデルは、ドリヤマさんでしたが、これからは、他のものも撮影してみる予定。
何か使えそうだと思ったら、作品にも使用してみます。

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 写真関連は、初の写真作品で、キヤノン写真新世紀2019年度グランプリ受賞。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。- お仕事のご相談など、気楽に、ご連絡ください。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です