rineke-dijkstra
blog,  写真日記

リネケ・ダイクストラの写真集 Rineke Dijkstra Portraits を買ってみた

生まれて初めて写真集なるものを買ってみました。いや、恐ろしく高いんですね・・驚きましたが、そういうものなんでしょう。

今年の、キヤノン写真新世紀に、何故か通ってしまって、その選者が、リネケ・ダイクストラというオランダの写真家とのことだったので、興味を持って買ってみました。

正直、今まで、写真集というものに興味が無かったため、色々とスルーと言いますか、写真界そのものをまったく知らない状態で、いったい何から調べれば良いのかも分からずでして、とりあえず、ぼくを選んでくれたリネケさんの写真集から入ってみようと思いました。

結論から言いますと、これがとても良かった・・なんと言いますか、驚くほど無駄のないポートレート写真集で、言語などまったく分からない状態ですが、それぞれのバックグラウンドが、最低限の情報で何となく分かるような気がする写真群です。
おそらく、その人のアイデンティティのようなものを表したもので、「私は○○」という、静かな主張を感じます。特に背後に海が見える写真が感動しました。「私は○○」「私は○○から来ました」という声が聞こえる感じです。

フォーマットは何だろう・・中判では無さそうな気がします。この滑らかさは大判でしょうか。

個人的に、写真を撮り始めたのはデジタルで、多くは遊びか、アニメーション制作のための道具でした。最終出力は、あくまでもデジタルです。
そのため、紙メディアや、印刷フォーマットに関しては特に疎く、dpiとか、そういった数値の仕組みが、イマイチ分かっていません。印刷のためには、だいたい300~350dpi必用というぐらいの知識です。

あと、色々と指定があるわけですが、それが何なのか分からないので、色々と調べている段階。それでも、人に聞かないと分からないかもしれません。
写真をプリントする事に関しては、そのくらい素人なわけです。

考えてみれば、アニメーションを制作した時も、何も分かっていませんでした。
「見た目がこんな感じだからOK」という感じだったわけです。
今回もそうですが、あくまでも写真作品というよりは作品と考えた場合、それでも良いのではないかとも思っています。
今後、色々と知っていけば良いのです。

その足掛かりとしての写真集。質感や、色にもこだわっている感じが出ているように見えます。

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です