blog,  中華レンズ

七工匠 7Artisans 35mm F1.2

七工匠 7Artisans 35mm F1.2 というレンズ

既に、出てから数年たっていますし、それなりに評価も固まっているレンズですが、購入方法によっては、かなり安価に購入できるレンズです。
性格的には、コンパクトで、ほどほどに安定した画質を供給できるレンズという感じで、ライバルと思われるNEEWER 35mm F1.2に対しては歪曲以外のほとんどの点で描写は上回ると思われます。性能の差は、値段の差ほどと考えても良いかもしれません。ただし、購入方法によっては、12000円台で購入することも可能です。
描写傾向は、完全に異なるので、両方持っていても楽しめるのではないかと思われます。個人的には、中途半端に画質が悪いよりも、普通に画質が悪いほうが、国内メーカーのレンズとの差別化も出来るので、使用頻度ではNEEWERが上回っている感じでしょうか。

7Artisans 35mm F1.2 の横面 デザインが良いと思います。

使えるかどうか分かりませんが、被写界深度目盛りもあります。前方に向かって細くなっていて、このレンズが如何にコンパクトか分かるという感じです。絞りは、クリックレスタイプで、動画にも使いやすいのではないでしょうか?
小さいですが、金属でずっしり感はあります。

7Artisans 35mm F1.2 の前面

フィルター径は43mm 個人的には49mmのほうが都合が良かったのですが、このサイズだから小さいというのもあるでしょう。
これはこれで良いのではないでしょうか?

7Artisans 35mm F1.2 の 絞り羽 9枚あります

絞り羽は9枚で、最近の中華レンズとしては平凡な枚数ですが、けっこう奇麗な円形を描いています。美しいボケが期待できそうです。

7Artisans 35mm F1.2 のマウント部

電子接点はありません。使用する場合は、レンズ無しレリーズの許可をカメラ本体で行う必要があります。この点を理解していないと、こういうタイプのレンズを使う事は出来ないので注意が必用です。

七工匠 7Artisans 35mm F1.2 で撮影してみる

SONY NEX-6/ 7Artisans 35mm F1.2

こちら、ミュージシャンの磯部舞子さんです。
非常に明るいレンズなので、ライブ撮影等適しております。
現在少々忙しいので、追加の写真は後程・・

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です