blog,  中華レンズ

Brightin Star 55mm F1.8

Brightin Star 55mm F1.8 というレンズ

二月ほど前、Brightin Star 35mm F1.7というレンズを購入したわけですが、これが、中華レンズの中で一番好みの画質でした。
基本的に、ボケが奇麗で、優しい感じの寒色、あと日本やドイツのレンズには無い描写傾向で、自分にとっては、むしろ作品向けレンズであり、NEEWER MEIKE 七工匠 Kamranと試しましたが、この中では最良かつ最も安価で、しかも真面目に作られているという印象を持ちました。
もちろん、Kamranほどシャープに解像しませんし、七工匠よりも平均的な絵ではありませんし、NEEWERほど癖があるわけでもありませんが、自分の印象という意味では、最も良いものとなりました。

そこで、フルサイズのイメージサークルをカバーする、Brightin Star 55mm F1.8 というレンズを購入、で試し撮りした結果、35mm F1.7と同様、更にそれから像面湾曲を取り除いた感じの写りで、予想通りの画質のレンズでした。
これはメインのレンズになりそうです。
値段は、他者のレンズよりも安価なものということになりますが、質感の高い金属製で、絞りも12枚もあり、奇麗な円形を描いております。

写り

α7Ⅱ/ Brightin Star 55mm F1.8

色の収差などあるものの、感じの良い写りです。ぼく個人の好みは、寒色系のカラーとこういう感じのボケのようです。

 

α7Ⅱ/ Brightin Star 55mm F1.8

歪曲は、緩やかな樽型のようです。絞れば周辺まで解像します。

 

α7Ⅱ/ Brightin Star 55mm F1.8

少し離れたところから撮っても、はっきりとボケてくれる感じです。これがMEIKEとかのレンズだと、こういう感じになりません。

 

α7Ⅱ/ Brightin Star 55mm F1.8

 

α7Ⅱ/ Brightin Star 55mm F1.8

 

 

ざざっとこんな感じですが

現在、写真展とかの関係で忙しく、あまり詳しく書けないわけですが、時間が出来たらもう少し何か書いてみようかと思います。
とりあえずですが、35mm F1.7と並んで、最も買ってよかったと思えた中華レンズです。

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です