blog,  写真日記

新型機を現在買う意味

現実的に、写真を撮るカメラに関しては、6年ぐらい前に、これで十分、もう10年ぐらい買わなくて良いと思っていました。
それは、間違いなくハズレではなく、本当に買わなくても良かったのです。
過去からの写真を今一度見てみても、やっていることは、ほぼ変化がなくて、あくまでも自分の趣向で撮っているだけで、新型機があったからと言って、何かが変わるものではなかったわけです。

にもかかわらず、2016年には、2台のフルサイズ機と1代のフォビオン機を買ってしまいました。
その後どうなったかと言えば、正直2000ショットも撮らないわけで、実質高価で、すぐに値崩れする置物になってしまったわけです。

たぶん、今後3年ほども、それほど無茶苦茶撮るわけでもなく、しかも動体等、年に数回ぐらいしか撮らないわけで、画質的にも買い替える必用は無いわけです。

画質そのものはCMOSも安定してきて、それほど変化も見られなくなりましたし、写真を撮る程度ならば、新型機に何ら劣るところも無くなってきています。
新型機の画質は、ほとんど数年前のものと同じです。

レンズの描写力に関しては、ネット等にある、ベンチマーク等影響で、等倍鑑賞が一般的になってきていますが、もし普通に写真にするならば、それもほとんど数年前と変わることはないという感じで、最近は、特にレンズが大型化、高価格化していますが、作品を作るとして、本当に開放の絵が必用なのか?と考えてしまいます。

何故、こんなことを、わざわざ書くかと言いますと、メーカーが、あの手この手で誘惑してくるということがあります。
そんなものは、見なければ関係無いわけですが、なんとなく見てしまいます。
そこで、ほとんど自分の画風には影響が無いと分かっていながらも、「いや、何か違うかもしれない」と思ってしまうわけです。

例えば、現在の、α7の三世代モデルに関して言えば、劇的にAFが良くなっているわけですが、自分の使いかたを考えれば、ほぼ必用の無いものです。
画質に関しては、RAWで出すならば似たようなものですし、そんなことよりも、何を撮るかのほうが重要なわけで、その重要なものを探すほどの体力も失っているわけで、今の自分に生かせる要素というものもないわけです。

というわけで、今後数年は、カメラを買わないことにしました。
少なくとも、グローバルシャッターが標準化されるぐらいまでは、新型は必要に無いはずです。
グローバルシャッターに関して言えば、ある種の到達点で、いわゆるシャッター回数を気にしなくて済むようになるわけで、これが安定したころに、カメラを購入するならば、それ以降、ますます新しいカメラを買う必要はなくなるわけです。

冷静に考えれば、カメラなんて、壊れるまで使い倒せば良いわけで、壊れたら考えたらいいという程度のものなのかもしれませんね。
とりあえず、誘惑に負けないように、何年か踏ん張ってみる予定です。

ちなみに、見出し画像のザリガニは、オリンパスのE-10という20世紀のデジカメで撮った写真です。

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です