blog,  レンズ,  普通のレンズ

smc PENTAX-FA645 300mmF5.6ED[IF]

smc PENTAX-FA645 300mmF5.6ED[IF] というレンズ

お気づきかもしれませんが、ぼくはこういった望遠レンズをほとんど使いません。なんですが、PENTAX 645 システムの300mm ☆ は持っていました。このレンズ、写りはどうか分かりませんが、とにかく重い。645システムそのものが重いのに、これを手持ちで撮影するとか正気の沙汰ではありません。
以前はそれでも撮影に使ったりしていましたが、年齢とともに限界を向かえました・・手がプルプルします。いや、病気になって以降、体力の低下が半端ではありません。
そこで、重量が半分しかないこのレンズに注目しました。レビューはほとんど無いのですが、EDレンズを使っていること、あと以外にシャープそうなところに着眼した次第です。
さて、このレンズの使用感覚ですが、軽いです。F4よりも暗いのが難と思われるかもしれませんが、そもそもこういう中判レンズで解放など、仮に解像したとしても被写界深度が浅すぎて、結局解像面が少なくなり、個人的には締まりのない絵になるという印象があります。ぼくは、雰囲気写真派ではないので、実のところ、ボケ量にはさほど興味がありません。
で、実際の写りに関してですが、ぼくは☆よりも好きかもしれませんね。実際にどうなのか分かりませんが、こちらのほうがシャープなんじゃないかな?とすら見た目では思えます。
というわけで、近場をうろうろしてみます。


撮ってみる

PENTAX 645Z / smc PENTAX-FA645 300mmF5.6ED[IF]

なかなかに立体感が出ました。個人的には☆より好きかも。




PENTAX 645Z / smc PENTAX-FA645 300mmF5.6ED[IF]

ボケもそんなに悪くないですね。
問題は、近場には面白いものが案外無いというか、見慣れた風景というのは難しいものです。



PENTAX 645Z / smc PENTAX-FA645 300mmF5.6ED[IF]

こんなところにゴミを捨ててはいけませんね。。
それはさておき手持ち撮影は疲れます。しかし、軽いので、まだなんとかなるという感じですね。




PENTAX 645Z / smc PENTAX-FA645 300mmF5.6ED[IF]

感謝!
というか、最近非常に体力が無いので、なんとか散歩してる感じです。
月末は東京に写真を撮りに行くので、そちらを頑張る必要があって、毎日つまらない写真を撮って練習してる次第です。



PENTAX 645Z / smc PENTAX-FA645 300mmF5.6ED[IF]

ビシッと解像してる感じですね。
このレンズ、個人的には☆よりも解像してる感じで、気に入りました。あと、重量が半分というのはやはり大きいです。
というわけで、☆とはお別れですね・・


一日しか撮ってないけど感想

smc PENTAX-FA645 300mmF5.6ED[IF] は、確かに暗いのですが、☆よりも一段暗いだけです。あと、どちらにせよ絞るレンズなので、こちらで十分な気がします。解像やコントラスト、色味もぼく好みなので、今後良い相棒になりそうな気がします。
これまで、300mmレンズなどは重すぎて使う気になりませんでしたが、今後は使っても良いかな?という印象です。やはり軽くないと持ち歩けませんし、300mmだけで何かを撮るということも無いので、ぼくには丁度良い感じですね。
あと、中判は感度良いので、少々感度をを上げても大丈夫ですから、この暗さでも全然余裕です。あと、きちんとピントが合えば、開放でも以外に解像すると思いました。ただ、被写界深度が浅いので、やはりF8ぐらいには絞りたいところでしょうか?
マイナーで、あまりレビューを見ないレンズですが、なかなか良いですよ?

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 LensCulture 等で発表。 写真関連は、初の写真作品で、キヤノン写真新世紀2019年度グランプリ受賞。東京都写真美術館で個展、LensCulture Art Photography Awards 2022にて Jurors’ Picksなど NHK ドキュメント20min.「蟻(あり)と人間とぼく アーティスト・中村智道」で紹介される どこまで流されるのか・・目的地は不明。 自閉症スペクトラム障害・障害2級  尚、写真等の無断使用はお断りいたします。一言ご連絡ください。 お仕事のご相談など、気楽に、ご連絡ください。 e_mail:696969bara@gmail.com(マネージャー月影)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。