blog,  カメラ,  写真日記,  役立ちそうな情報

KONICA MINOLTA DiMAGE A2 + RawTherapee フィルムシミュレーション

RawTherapee フィルムシミュレーションとDiMAGE A2

KONICA MINOLTA DiMAGE A2 といえば、2004年に登場した、コニカミノルタのハイエンドデジカメだったわけですが、これとフリーのRAW現像ソフト、RawTherapeeの組み合わせで、非常にフィルムライクな写真が撮れます。
なので、スナップでは、この機種を使う事が多いです。
とは言いましても、スナップそのものをあまり撮らなくなってしまいましたが、また頑張ろうかと・・
ちなみに、RawTherapeeの何の機能を使うのか?といえば、フィルムシミュレーションとレンズ補正を使うわけです。あとは、わずかに弄るだけで、非常にフィルムライクな写真が撮れるのです。
最近のCMOS機だと、そこまでフィルムライクには撮れません。おそらく、画素数が多すぎる事と、なめらかすぎる画質が仇になっているのではないかと。
DiMAGE A2の高感度性能は低く、最低感度のiso64でも、既にノイズだらけで、偽色まみれですが、このノイズをフィルムグレインに見立てて利用するのです。あと、CCDのノイズは、CMOSのものとは異なるのですが、その感じが非常に合っているわけです。
あと、DiMAGE A2は、高倍率ズームな事と、広角マクロと望遠マクロが使えるので、昼間のスナップには非常に強い味方となります。だいたいのものは撮れるという感じでしょうか。高倍率すぎないので、レンズの描写力が良いのも特徴です。


フィルムシミュレーション Kodak Elite 100 XPRO

PICT0011.jpg
KONICA MINOLTA DiMAGE A2 / Kodak Elite 100 XPRO

この写真は、クリックすると拡大します。記載しているのは、フィルムシミュレーションの名前です。
低画素ながら、なかなかの描写をしていると思いますし、ここまでフィルムライクになるとは、以前は思っていませんでした。というのも、最近ではフルサイズや中判で使っていたわけで、その緻密すぎる感じが、どうもフィルムとはかけ離れている感じがしたので、フィルムシミュレーションは、やや封印状態でした。


645D2040.jpg
PENTAX 645D /SMC PENTAX-FA 645 45-85mm F4.5 / Kodak Elite 100 XPRO

同じCCD機である、PENTAX 645Dで、同様の設定で現像したものが、この写真となります。
なんとなく似てはいますが、フィルム感という意味では弱く、精細すぎるのも問題です。絵の傾向として悪いわけではありませんが、この感じだと、普通にデジタル写真風のものを選ぶという感じでしょうか?
ノイズ感とダイナミックレンジの点で、高性能すぎる点が、ここでは仇になっているという感じです。にじみ感も少ない感じです。
この写真もクリックで拡大します。上の写真と同じサイズにリサイズしております。


フィルムシミュレーション  Fuji Velvia 50

KONICA MINOLTA DiMAGE A2 / Fuji Velvia 50

フィルムシミュレーションによっては、このように花もかなり鮮やかに現像してくれます。
全体的な色も美しく、いかにもフジのカラーという感じです。


PENTAX 645D /SMC PENTAX-FA 645 45-85mm F4.5 / Fuji Velvia 50

上下の写真と同様の設定で現像した、645Dによる写真です。
これは、それなりにフィルムらしくなっていますが、やはり精細すぎるという感じでしょうか?


KONICA MINOLTA DiMAGE A2 / Fuji Velvia 50

もう一枚 Velvia 50 です。なかなかに立体感も出てきていますね。
しかし、これ、ミノルタ、ソニー系の色ではありませんね。本体にも、こういうモードもほしいものです。


フィルムシミュレーション  Kodak Kodachrome 25

KONICA MINOLTA DiMAGE A2 / Kodak Kodachrome 25

室内も撮ってみます。なんとなくですが、コダック系の色は、室内に向いているものが多い気がします。照明などと合わせて使うと、やたらと綺麗に撮れる事が多いです。もちろんフィルムでの話ですが、デジタルでも、やはり綺麗になるようです。

KONICA MINOLTA DiMAGE A2 / Kodak Kodachrome 25

今一度 Kodachrome 25 を使用。少々色が濃い目に出ますが、良い感じです。ここまで色濃くなるのは、CCDであることが関係あるかもしれません。CCDはやたらと色が濃く出る性質があるような気がします。


フィルムシミュレーション  Lomography Redscale 100

KONICA MINOLTA DiMAGE A2 / Lomography Redscale 100

トイカメラと合わせて有名な Lomography とかもあります。なんか、古いコンクリートの重厚感が良い感じです。
これらの写真は、フィルムシミュレーション以外は、それほど弄っておりません。


PENTAX 645D /SMC PENTAX-FA 645 45-85mm F4.5 / Lomography Redscale 100

645Dで、上下の写真と同様の設定で撮影した写真です。
悪くはないのですが、やはり DiMAGE A2 のほうが好みです。


KONICA MINOLTA DiMAGE A2 / Lomography Redscale 100

こちらも Lomography Redscale 100 を使っています。
あまり意識せずに、合うシミュレーションを探しているわけですが、どうやらこういう感じの古いコンクリートとか壁に合うようですね。錆が強調されるところも良いです。


フィルムシミュレーション  Kodak ExtraColor 100

PICT0009-1.jpg
KONICA MINOLTA DiMAGE A2 / Kodak ExtraColor 100

もう一度、クリックで拡大出来る絵を貼っておきます。
これも、かなりフィルムライクな感じで、どこか懐かしさも感じますが、現在の写真です。
こんな感じで撮れるわけですが、同じような古いCCDのデジカメでRAWが使えるものならば良い線いくかもしれません。これなんか、非常に空の色も良くて、気温高そうという感じも出ていますよね。


645D2051-1.jpg
PENTAX 645D /SMC PENTAX-FA 645 45-85mm F4.5 / Kodak ExtraColor 100

この写真も、上の写真と同じサイズで拡大します。
同様の処理で現像しておりますが、これは、かなりフィルムっぽくなったような気がします。
今一度、大型フォーマットでも試してみる価値はありそうですね。


HaldCLUT

ちなみに、 RawTherapee のフィルムシミュレーションは、このような感じで、HaldCLUTをダウンロードして、リンクさせなければ使えません。タウンロードして、PC内のどこかに置いて、リンクするという感じです。ぼくは、マイピクチャ内にフォルダーを置いています。
これだけでも、RawTherapeeがかなり使えるので、一度試してみることをおススメします。

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 写真関連は、初の写真作品で、キヤノン写真新世紀2019年度グランプリ受賞。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。- 尚、写真等の無断使用はお断りいたします。一言ご連絡ください。 お仕事のご相談など、気楽に、ご連絡ください。 e_mail:nakamura.tomomichi@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です