blog

写真表現の大量絶滅

なんか、日本カメラも終わるらしい。多くの、そういう雑誌は終わり、キヤノン写真新世紀も終わる。
何の因果か、ぼくは、写真表現の大量絶滅期に写真表現を始めることになったということになる。SNS、スマホ、コロナは天変地異のようなものだろう。いわゆる権威というか恐竜のような巨大な力が闊歩した時代が終わろうとしている。
逆に捉えれば、これはチャンスでもある。権威が崩れる時は、新たな価値が生まれる時でもある。かつて、写真表現以前に写真によって大量絶滅した表現がある。それが絵画だ。しかし、絵画は滅びなかった。描写という呪縛から逃れ、その表現は多様化した。世の中は、多くの価値を認めるようになった。心や存在の多様さは、多くのそういうものの流れの中で獲得されたものだ。それが、紙幣や電子マネーのような存在になるまでは。
写真は後退期になるほど、絵画がとった手法を取り入れようとしていた。見本があるから発見を怠っているのではないか?それは、ぼくにとっては、酷く古臭いものにも見えた。これは、何年前の表現のリピートなのだろう?
この世界を愛してきた人たちにとっては重要な世界。それを言うべきだろうか?とも思うが、写真新世紀の時に思った第一感想はそれだった。嫌かもしれないが、大切な事だ。表現というものは、そうして流れている。生態系にとてもよく似ている。
頭を柔軟にしておいたほうが良い。権威の前にしりごむ事なかれ。

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 写真関連は、初の写真作品で、キヤノン写真新世紀2019年度グランプリ受賞。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。- 尚、写真等の無断使用はお断りいたします。一言ご連絡ください。 お仕事のご相談など、気楽に、ご連絡ください。 e_mail:nakamura.tomomichi@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です