blog,  PENTAX 645Z,  写真日記

今更 PENTAX 645Z (中判カメラ)

今更買っちまった・・645Z

PENTAX 645Z 新品

なんと言いますか、最近機材を整理しようと思って、レンズとかカメラを売りまくっていたのですが、どうしても手放せないのが、PENTAX 645システムです。
フィルム機にも手を出してしまったので、とりあえず、このPENTAX 645マウントなわけですが、なんというか、ミラーレス全盛でもありますし、現行機とはいえ、もう5年以上前の機種でもあります。
フジのGFXシリーズは?と聞かれるかもしれませんが、個人的には、GFXシリーズよりこっちなのです。
理由は色々とありますが、一番の理由はRAW現像のしやすさということになるでしょうか?あと、こちらは、既に自分向けシステムが出来上がってますので、負担は少ないです。
更にですが、ぼくは蟻んことか撮りますので、どちらかというと撮影方式の関係で、光学ファインダのほうがやりやすいというのもあります。
もう一つ、こいつの重要な使命は、旧機種である645Dを保守することにあります。
しかし、GFXが、そこそこ売れる中、PENTAX645はどうするんですかね?個人的には、これを10年以上使う気なので良いのですが、中判センサーは、もう一回り大きい、645フルサイズに近いサイズがあるので、それを搭載して差別化するだけでも、ぜんぜんイメージ違うと思うけどなぁ・・表面照射の1億画素センサーで十分だと思いますよ?

645Zと645D

PENTAX 645Z と645D

見た目は、ほとんど同じに見える両機。
実のところ、さまざまな点で進化しております。最も重要な変更は、CCDがCMOSになった事でしょうか?
ここが重要な点ですが、コンシュマー向けの機種として、あとフィールドカメラとして、中判のCCDを載せているのは、645Dぐらいしか知りません。
マミヤは?と言われると、あれはスタジオ向きのような気がします。
中判でローパスレス、そしてCCDときたら、この645Dとなり、個人的に、本気撮りは、この機種で行いたいというのがあります。
十分な照明があるのであれば、やはりCCDは、代えがたい絵を吐き出してくれるのです。
しかし、悲しいかな、この645Dのシャッターの耐久性は低く、だいたい5万回ぐらいだったような気がします。
あと、修理も、いつまでやってくれるのかも分からないところがあります。
そこで、645Zですよ。こいつにシャッター回数を分散するのです。
こいつは、あらゆる意味で、645Dよりは便利に作られています。今や、もっさりしている645Zですが、645Dに比べれば、天と地ぐらいの差があります。
少なくとも、K-5系ぐらいよりは、きびきび動き、特に、カードへの書き出し等で、不満は少ないのです。UHSⅱぐらいに対応してくれてれば、もっと良いのですが、連射の遅い一眼レフとしては、大して不満もないのが実情です。
そもそも、そういうのは、フルサイズやAPS-Cに任せておけば良いのです。

645Z の背面

PENTAX 645Z 斜め後ろから

液晶は、チルト液晶になっているのがありがたいです。というか、CMOS化したおかげで、ライブビューが出来るからです。
他の点で言いますと、操作系は、個人的には645Dのほうが使いやすい気がします。液晶周辺にボタン類が豊富にあるからです。
こちらは、見てすぐ分かるという感じでもありません。
とはいえ、同社のフルサイズやAPS-C機と似ているので、レイアウトの若干の違いを覚えれば、なんということはないでしょう。

グリップとか

PENTAX 645Z 斜め前から

この角度から見た感じ、645Dとの違いは、ほとんど分かりません。PENTAXのバッジの色が違う程度でしょうか?あと、マイク穴があるかな?まぁ古い機種なので、動画には期待しておりません。
ここで、ふと思ったのですが、このボディーキャップ、フィルム時代から変わってませんね・・Kマウント機は、何回か変わったような気がしますが・・
この機種の、グリップは、非常に持ちやすいので、重さは気になりますが、PENTAX 67とかのように、異様な偏りのようなものは感じません。というか、67系の持ちにくさ(Ⅱ以外)、シャッターボタンの押しにくさは異様なものがあります。あの時代は、何もそういうこと考えてなかったんですかね??
645系は、フィルム時代から、持ちやすさというものがあるような気がします。

とりあえず、組んでみる

PENTAX 645Z を、とりあえず自分用に組んでみる

とりあえず、自分仕様に組んでみました。まだストラップが馴染んでいないので、ゴワゴワします。
なんと言いますか、カッコいいのか?なんか、645の一眼レフといえば、ボディーが箱なんですが実のところ初代のフィルム645が一番かっこいい気がします。角ばっているのが良いんでしょうね。
必ず付けるのは、アルカスイス互換の、L字ブラケットでしょうか。これがあるだけで、かなり使いやすくなりますし、底を傷めずに済みます。
そうだな。。何か所か、下にクッションでも貼ろうかな?
とりあえず、フィルム645や645Dのサブ機をお迎えですよ。高いけど。
やはり、フィルムやCCDには魔力があります。
この機で撮った写真を見ても、フルサイズと何が違うの?という感覚に陥る方は多くいるでしょうね・・
それでもセミ中判、フルサイズよりは大きいですし。なんとなく諧調が豊富かな?という感じには撮れるようです。
あと、5000万画素というのは良いですね。今や、巨大ピッチですよ。高感度性能が良い、表面照射型CMOSとしては、あの1600万画素APS-Cセンサーや3600万画素フルサイズセンサーよりも一画素が生き生きしてますよ。デジタル中判カメラの画質は、この時点でかなり完成されてるんじゃないでしょうか?CMOSである以上、それほど画質そのものは大きく進化しないような気がします。あと、このセミ中判で1億画素とかは、やはり無理を感じます。回折現象とか、絞りを大きく絞る必要がある、中判デジカメにとって、画素ピッチ小さすぎじゃないでしょうか??
とらえず、これからの撮影が楽しみだなぁ・・

PENTAX 645(初代) と PENTAX 645Z

645マウントの位置づけ

sensor size
デジカメのセンサーサイズ

よく見られるセンサーサイズの図ですね。一応自分で作りました。
こうして見ると、フルサイズセンサーと、このミディアムフォーマット(セミ中判)のサイズ差は、APS-Cと4/3サイズの比率と似たような差でしょうか?
同じようなCMOSとしての画質の印象として、それほど大きな差が出るかどうかは疑問ではあります。CCDであれば、フルサイズのものは、極めて古いものしかないのと、多く出回っているのがAPS-Cなので、大きく差のある画像になると思うのですが・・
4/3サイズとAPS-Cの画質差ですが、それほど差があるでしょうかね?個人的には、レンズ次第でどうにでもなる差でもあるような気がします。つまるところ、レンズ開発競争の激しい、フルサイズフォーマットに対して、どれほどアドバンテージのある画質を吐き出すかは未知数です。
そうでなくとも、多くの人には、APS-Cと135フルサイズとの画質の違いすら分からないというのが実情ではないでしょうか?ただ最近は、APS-Cに本気のレンズが少ないため、同じメーカーで両フォーマットを出している場合は、差別化のような感じで、画質に差が出ているという印象があります。
本気でAPS-Cのレンズを、積極的に開発しているのは、現在ではフジフイルムだけでしょうか?PENTAXもそうですが、優れたAPS-Cレンズは豊富なものの、開発はのんびりしている印象です。

個人的にですが、645は、フルサイズとは分けて考えていく予定です。これまでもそうでしたが、スナップやら多くの撮影は、フルサイズやAPS-Cで良いのです。
自分は、SIGMA SAマウントのユーザーでもありますから、MC-11の関係で、ソニー機は1台は必要です。ただ、ミラーレスシステムのメインは、2019年の、キヤノン写真新世紀でいただいたEOS Rシステムにしようかな?と思っている最中です。
今更こんな一眼レフ機買うぐらいなら、EOS R5でも買ったほうが良いのにという声も聞こえそうですが、実のところ、写真そのものでは、EOS Rでも、何ら苦労は無いのです。ぼくには十分ですね。スポーツとか撮りませんから。
ただ、高倍率ズームのような、便利なレンズは欲しいです。24-240mmの評判良いようですし。EOS Rシステムは、便利なシステムとして構築したいですね。

というわけで、近日中に、何か撮ってみます。

撮りましたら、またここにアップしてみます。たぶん、本気では撮らないと思いますが。。

撮りました!次のページ

固定ページ: 1 2

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 写真関連は、初の写真作品で、キヤノン写真新世紀2019年度グランプリ受賞。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。- お仕事のご相談など、気楽に、ご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です