blog,  中華レンズ

KAMLAN FS 28mm F1.4

KAMLAN FS 28mm F1.4 というレンズ

KAMLAN FS 28mm F1.4

そもそもは2万円台のレンズだったと思うのですが、最近15000円台で売られるようになったので衝動買いです。KAMLANは、この28mm F1.4を撒き餌にと考えているのでしょうか?描写には定評があるレンズです。明らかに他の中華レンズとは一線を画す描写ですし、APS-Cで、換算40mm付近なので、現代の撮影シーンを考えると、標準レンズとして使いやすい焦点距離なのではないかと思います。そもそも、日本の路地や店舗は狭く、50mm付近を標準と捉えるのは無理があるような気がしていました。

KAMLAN FS 28mm F1.4 の横面

絞りは、クリックレスタイプで、動画にも使いやすい仕様になっています。被写界深度目盛りもあります。他の中華レンズに対して、ずっしりと重く、大きさもあるので、写りに期待出来そうな雰囲気です。ピントリング等は少し重めでしょうか?冬になると、けっこう重いです。

KAMLAN FS 28mm F1.4 フィルター径は52mm

フィルター径は52mm 他の中華レンズに対して小さくはありません。ですが、フルサイズのレンズの事を考えると、ずっとコンパクトです。

KAMLAN FS 28mm F1.4 のマウント部

マウント部には、電子接点はありません。こういう仕様のレンズの場合、カメラの本体設定で、レンズ無しレリーズを許可する必要があるので、注意が必用です。もしカメラに故障が無いならば、設定で必ず撮れるようになりますので、焦らないでください。
絞り羽は多く、12枚でしょうか。奇麗な円形を描いています。

KAMLAN FS 28mm F1.4 で撮影してみる

SONY NEX-6/ KAMLAN FS 28mm F1.4

解像感やコントラスト等、他の中華レンズとは一線を画す描写力で、完全に現代のレンズという感じ。値段を考えると、圧倒的なパフォーマンスです。あと、明るい事と、開放から解像することから、ライブ撮影等でも威力を発揮します。マニュアルフォーカスであることに不満が無いならば、持っていて損のない選択だと思います。
現少々忙しいので、他の写真のアップは後程。

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です