blog,  中華レンズ

Brightin Star 35mm F1.7

中華レンズに関しては、コンプリートしたことにして、もう買わないことにしていたのですが、ネタ系だとしても、他の35mm F1.2というクラスのレンズに、一般的な使用での、ちょっとした不安を感じる事から、もう少し明るさを抑えたものが欲しくなり、入手した次第です。

それだけではなく、他の色々なサイトやメールチェックとかをしてみても、広告にやたらとこのレンズが出てきて、洗脳されてしまったこともあるかもしれません。
知らなければ済むものも、知ってしまうと頭の中から離れなくなってしまうように出来ている、ネットのシステム恐るべしですね。

言い訳は置いといて、いってみましょうか・・

Brightin Star 35mm F1.7 というレンズ

Brightin Star 35mm F1.7 の内容

内容

入手してみて、最初に思ったことですが、「小さっ!」という感想でした。他に、値段的にも、今まで購入した中華レンズ最安の5千円台なわけですが、何故か内容的には一番豪華でした。

中華ではお馴染みの、巾着袋に関しては最も豪華ですし、箱なども、PENTAXとかSONYの箱よりも豪華で、TAMRONとかとは比べるべきものではない立派さです。

ただ、残念なのは、毎度のことながら、輸送などで、箱の角とかが凹んでたり、箱にスレ等があったりするわけですが、これはお約束みたいなものだから、今更何とも思わなくなってしまいました。

豪華な箱ながら、輸送時の凹み等があります

仕様

説明書も、今までの中華レンズより立派です

仕様を見てみますと、焦点距離:35mm 絞り:F1.7~F16 レンズ構成:4群6枚 画角:42° 絞り羽:12枚 最短撮影距離:0.15cm フィルターサイズ:43mm 重量:171g
とのこと。

一言、言わせてもらいますと、最短撮影距離は、盛りすぎでしょう。単純に0.15mと書きたかったのだと思いますが・・本体には18cmの表示があります。しかしながら、30cm以内(25cmぐらいかな?)であり、かなり寄れる部類であることは間違いありません。
撮っていると「あ~っ寄れるなぁ」という印象でした。

イメージサークルはAPS-C用なので、フルサイズだとクロップして使う必要がありますね。
しかし、こういった中華は、フルサイズ用よりも、APS-C用が面白いという印象です。
ネタ故、高価なものはちょっと・・というのもありますが。。

外観

Brightin Star 35mm F1.7 横

とても小さいですが、持ってみると、ずしっと重さがあります。要は金属とガラスの塊なわけで、これで小さくしているということは中の空間の体積が低いということで、歓迎すべき点です。

被写界深度目盛りもありますね!あてには出来ないでしょうが、嬉しい仕様です。数字が色々と刻まれていてカッコイイですよ。

ただ、実は今まで避けていたのですが、フィルター径が43mm・・これまでのフードやフィルター類が使えないわけで、これまでは49mmのもの以外は選んでいませんでした。
実は、これは自分に対する抑制策でもあって、フィルター径が違えば色々と面倒だから買わないとすることで、レンズを買わないためにも、こういう自分ルールを守っていたわけです。
しかしながら、43mmは、これで解禁されてしまいました。。

Brightin Star 35mm F1.7 正面

いえ、もう分かっていることですが、レンズを増やしても、カメラを増やしても、撮れるものなんて変わりません。
ある一定以上の性能のレンズの中で、自分がよく使うレンズを数本持っていれば、実は事足りるわけで、そこから先はレンズ沼とかボディー沼という疾患でしかなく、メーカーにとってはありがたい疾患なわけですが、一年に一度も使わないようなレンズを沢山保有してしまうわけで、客観的に見れば、何も良い事は無いわけです。

脱線しましたが、このレンズも、値段の割に、質感は良いですね。

絞り羽が12枚!

光の映り込みが邪魔・・本当は奇麗な円形を描いております

絞り羽が、なんと12枚もあります。
いや、これはオールドレンズとかに比べても豪華な点でしょう。非常に奇麗な円形でもあって、美しいボケが期待できます。

絞りの制御と言いますか、絞りリングに関してですが、中華マニュアルフォーカスレンズは、ほとんどクリックレスタイプで、こちらも同じくクリックレスタイプです。
カチッカチッとは動かず、ヌルッと滑らかに動きます。

これ、動画を撮る人には、ありがたい仕様なわけで、それを理由に中華レンズを購入される方もいるようです。

マウント側

SONY Eマウントであります

毎度の事ながら、電子接点はありません!

これ、重要な事なので、広めなきゃいけない事ですが、これでよく「レンズを付けても撮影できません!!(怒)」と、お怒りになられている方をよく見かけるわけですが、純正でもありませんし、電子接点も無いわけで、当然カメラはレンズが付いたとは認識してくれません。
カメラ側の設定で、レンズ無しレリーズの許可とか、それに類するような項目を探して、許可する必要があります。ONとかOFFと書いていますので、この場合はONを入れてください。

それにしても、大口径なのに後玉小さいです。前玉も小さいですし、いわゆるダブルガウスタイプでしょうか?

 

 

まずは身近なものを撮影してみる

Brightin Star 35mm F1.7 絞り開放での撮影です

オオハナインコの花太郎さんです。

開放では、少しコントラスト低めでしょうか?しかし、ピント付近の解像は、しっかりしている模様。盛大にボケてくれていますね。NEEWER 35mm F1.2のような、やたらと玉ボケが発生する、うるさめなボケではありません。ただ、透過率に関しては似たようなものでしょうか?透明感は、やや低く、コントラストにも影響している感じですね。

ですが、こういう描写、嫌いではありませんよ!?解放からコントラスト高いとかは、日本メーカーのレンズに任せておけば良いのです。絵の違いに価値があるわけで、似たようなものなら、購入した価値が無いというものです。もちろん、高いほうのレンズの価値が、ということになりますが・・

 

 

Brightin Star 35mm F1.7 絞りはF2.8付近に絞っています





チャートの撮影

当然ながら、現代の高性能レンズならば、かなり精度の高いチャートを使うべきなんでしょうが、そこは中華レンズです。質素なチャートでテストしてみますよ。
と言いますか、立派なチャートを買うお金がもったいないですね。

チャートは、クリックで拡大し、等倍鑑賞可能です。PCで見ることをおススメします。

DSC01547.JPG
(SONY NEX-6/Brightin Star 35mm F1.7 [絞りF1.7])

解放から、わりと普通のオールドレンズ的な解像をしているようですね。
今のレンズなんだから当たり前!と思うなかれ、安い硝材を使っている中華レンズにとっては、そこがけっこうなハードルとなるわけですよ。

樽型の収差が確認できますし、中央が通常よりも大きく写っている感じですね。大きな問題ではないレベルでしょう。

DSC01548.JPG
(SONY NEX-6/Brightin Star 35mm F1.7 [絞りF2.0])

半段絞りました。少しの差でしかありませんが、それでも、周辺減光は減ったような気がします。

周辺の解像は、まだまだですね。

DSC01549.JPG
(SONY NEX-6/Brightin Star 35mm F1.7 [絞りF2.8])

中央は、素晴らしい解像ですね。周辺は、まだまだですが、なんと言いますか、解像の変化がなだらかといいますか、全然嫌な感じがしません。

個人的に、この絞り値は、多用しそうな感じです。

DSC01550.JPG
(SONY NEX-6/Brightin Star 35mm F1.7 [絞りF4.0])

少し周辺も解像してきましたが、まだまだな感じです。経験的にですが、こういうのは、周辺解像しない可能性と言いますか、像面湾曲があって、風景には向かない可能性が高そうですね。

左側は、少し片ボケかなぁ・・

DSC01551.JPG
(SONY NEX-6/Brightin Star 35mm F1.7 [絞りF5.6])

それでも、周辺は解像してきましたね。しかしながら、まだまだな感じです。この傾向は、中華レンズに共通しているとも言えて、お約束と言えるかもしれませんが、基本的に技術者が、周辺を意識していないという印象があります。
レンズが小さすぎることも関係していて、それでイメージサークルが足りないというのもあるかもしれません。

お国柄的に、周辺を気にしない人が多いのかな?

DSC01552.JPG
(SONY NEX-6/Brightin Star 35mm F1.7 [絞りF8.0])

オールドレンズならば、ここでキメてくる絞り値、F8です。
このレンズも、それなりに頑張っていますね。
しかしながら、これならば、オールドレンズのほうが優秀な事が多いでしょう。

一部のメーカーを除いて、けっこう高めなレンズでも、この傾向がありますので、本当にお国柄なのかもしれないと思ってしまいます。

DSC01553.JPG
(SONY NEX-6/Brightin Star 35mm F1.7 [絞りF11])

ここで、周辺まで解像してきた感じです。
MEIKE系のレンズとかに比べて、像面湾曲は控えめかもしれません。

ちなみに、このレンズに、F11の表示はありません。計算上のF11付近の測定です。F8が惜しい感じでしたので、この値を出してみました。

周辺の解像はあるものの、データ的に最も全体平均で解像しているのはF8のようです。

DSC01554.JPG
(SONY NEX-6/Brightin Star 35mm F1.7 [絞りF16])

このレンズには、F16の絞り値の表示がありますが、そこはF16ではなく、F22のようです。計算が合わないため、光の量から、F16であろう絞りでの測定です。

小絞りボケの影響が出ていますが、全体の均等性は素晴らしいものがあります。すっきりした感じもありますが、このレンズの色収差が少なめなことも関係あるかもしれません。

こういうシンプルな設計のレンズの場合、倍率色収差は、もう少しある事も多いのです。

DSC01555.JPG
(SONY NEX-6/Brightin Star 35mm F1.7 [絞りF22])

F16表示の部分は、F22か、それよりもう少し絞った値という感じです。この点は、クリックレスタイプなので個体差は確実に大きくあるものと思っています。

回折現象の影響もありますし、実用的な絞りではないでしょうね。

 

 

色々と撮影してみる

アラン・パットンさんのライブの様子 絞りはおそらくF2.8

立体感がありますし、ボケも奇麗ですね。かなり暗い会場ですが、これだけ撮れると嬉しくなります。
他の中華レンズだと、背景は、もう少しざわつくのですが、これは良好です。

 

 

(SONY NEX-6/Brightin Star 35mm F1.7 [絞りF2.8])

いいですね、こういう感じ、オールドレンズだと、なかなか出ません。
動くものを、マニュアルフォーカスレンズで撮るのは大変ですが、動きのタイミングなどを計れば、案外撮れたりします。

この構図で、被写体が、左右に揺れている場合だと、むしろマニュアルフォーカスのほうが、ピントに意識を集中出来るので慣れると成功率が上がる感じです。

 

 

(SONY NEX-6/Brightin Star 35mm F1.7 [絞りF4])

外での撮影、F4でも、変わらずボケは奇麗ですね。周辺減光は、後処理によるものです。申し訳ありません。

この地域猫、たぶん口内炎を発症していますね・・長生きは出来そうもありません。猫は捨てたり、外で飼わないようにしましょうね。

 

 

(SONY NEX-6/Brightin Star 35mm F1.7 [絞りF2.8])

このレンズ、少々コントラストは低めなのかな?色は、寒色傾向が強く、いわゆる中華レンズに多い色という感じです。

 

 

(SONY NEX-6/Brightin Star 35mm F1.7 [絞りF2.8])

ほんま、いい感じですよ。

 

 

(SONY NEX-6/Brightin Star 35mm F1.7 [絞りF5.6])

なんか、APS-Cでの撮影ではないという感じです。F5.6だったと思いますが、ええ感じですね。
5千円台ならば、完全におススメですよ。

 

 

(SONY NEX-6/Brightin Star 35mm F1.7 [絞りF8.0])






(SONY NEX-6/Brightin Star 35mm F1.7 [絞りF8.0])






(SONY NEX-6/Brightin Star 35mm F1.7 [絞りF4])






(SONY NEX-6/Brightin Star 35mm F1.7 [絞りF2.8])

 

 

 

DSC01598.jpg
(SONY NEX-6/Brightin Star 35mm F1.7 [絞りF5.6])

この写真は、なんでF8にしなかったのか忘れましたが、クリックで等倍鑑賞可能です。
こういうケースだと、コントラスト低めかなぁ・・全体が白いor明るいで、コントラスト下がるような気がします。
まぁデジタルなわけで、設定でどうにでもなりそうですが。

 

 

逆光は?

日本のレンズの何が優れているかって、それはコーティングですよ。
今や、コンピューターで色々とシミュレーションも出来ますから、光学性能は色々な方法で高めることは可能でしょうが、コーティングは、そうはいかないでしょうね。

このレンズも、中華レンズの多分にもれず、逆光にはめっぽう弱いです。
逆に、こういう感じで遊べますので、そうやって楽しみましょうよ。

このレンズの場合、薄暗くなったり、部屋の中だったりのほうが、逆光の弱さが強調されるようなので、そういう時が、ある意味ねらい目です。

フレアも滑らかな感じで出ますので、ぜんぜん嫌な感じじゃないですよ。

中華レンズ(安)も進化しているのかな?

ざざっと一日撮っただけの写真ですが、その段階での感想です。

Brightin Star 35mm F1.7は、何だか設計側のセンスを感じるレンズですね。ただの偶然かもしれませんが・・
ですが、設計的には、より新しいと思いますので、実際に成長してきているのかもしれません。

周辺の解像や、コーティング等、まだまだ課題はあるものの、着実に進化していることを感じるレンズのような気がします。

非常にコンパクトな事も好印象です。
最近のレンズは、とにかくでかいので、これだけ小さいとそれだけでも価値があるというものです。

もちろん大きい事は、光学性能を高める上で重要な事ですが、このサイズで何が出来るのか?を追究してもらうのも面白いと思うんですよね。
解像、ボケ、周辺画質、収差補正等、すべてを高めにするのなら、補正レンズ系を多めに使えない、このサイズでは限界があるのでしょうが、それらをサイズなりに振り分けることで、何か印象の良い絵を出す事も可能だと思うわけです。

このレンズ、小さくてピントリングとかは掴みにくいところもありますが、トータルで使いやすくて、使っていて気分が良いレンズです。

いえ、価格考えたら、とても良いレンズだと思いますよ!

 

 

関連

DSC01967.jpg

NEEWER 35mm F1.2

DSC06941.JPG

MEIKE 50mm F1.7

DSC07432.jpg

MEIKE 25mm F1.8

DSC07219.jpg

七工匠 7Artisans 12mm F2.8

KAMLAN 21mm F1.8

PK1N0100.jpg

中一光学 FREEWALKER 20mm F2.0 SUPER MACRO 4-4.5:1

Brightin Star 55mm F1.8

PK1N0009-bfaa8.JPG

では、果たして中華レンズはオールドレンズ的なのか?

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です