blog,  思想、哲学

どこまでやれるのか?

ここ数年、体力に自信が無いわけだが、それに鞭を打って動くたびに入院している。つまるところ、精神論ではどうにもならない状況にある。鞭を打てば、何か成果を出すには出すが、だから何なんだろう?と思うこともあり、そうなると深みにはまってくる。
最近は、ヨーロッパとかでは戦争ムードもあり、出てくるイメージにも、ある種の嫌悪感を感じる事がある。何かしらじらしいというか・・
当然ながら、世界は繋がっているわけで、ある地域の戦争は、こちらにも影響してくる。なにやら、勇ましい事を言っている人もいるようだ。
場合によっては、多くのマイノリティーが危機にさらされる事もあるのかもしれない。ぼく自身もどうなのだろう?と思うことがある。
ぼくは、ある種、マイノリティーが対立をするべきではないと考えている。そもそも少数派なのだ。少数派どうしが上手くやれないのであれば、そういう集団が大きな流れに抗うことができるのだろうか?
ここ最近、うつ状態ではある。まだうつ病にはなっていないので、こうして文章も書ける。大きな流れがあるにせよ、それに飲み込まれてはいけない。

2017年ごろまでアニメーション等の映像作家 その過酷さから病気に倒れ、限界を感じた事から、その後写真作家に転身 イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、キヤノン写真新世紀 LensCulture 等で発表。 写真関連は、初の写真作品で、キヤノン写真新世紀2019年度グランプリ受賞。東京都写真美術館で個展、LensCulture Art Photography Awards 2022 LensCulture Emerging Talent Awards 2023 にて Jurors’ Picksなど NHK ドキュメント20min.「蟻(あり)と人間とぼく アーティスト・中村智道」で紹介される 尚、写真等の無断使用はお断りいたします。一言ご連絡ください。 お仕事のご相談など、気楽に、ご連絡ください。 e_mail:696969bara@gmail.com(マネージャー月影)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です