blog

蟻がなかなか孵化しない羽化も・・

撮影モデルの蟻さんたちなのですが、なかなか孵化しません・・一番最初に飼い始めたトビイロシワアリに関しては、着実に増えているように見える事から、巣が既に安定していることと思われます。
しかしながら、他の蟻は、卵のままだったり、繭のままだったりで進行がありません・・これは気温によるものでしょうかね?



トビイロケアリの初期コロニー

こちら、トビイロケアリなのですが、繭が出来ているものの、一向に孵る雰囲気がありません・・ワーカーの数は、相変わらず十数匹で、2匹ほど死んでいるかもしれません・・これらが孵れば、一気に巣が活性して、カビなども減っていきそうなもんですが、なかなかです。
ただ、卵は異様なほど産んでいますね・・多雌のトビイロシワアリよりも卵が多いような気がします。立体換算すれば100個どころじゃないでしょう・・この繭から孵ったワーカーたちが世話をするという計算の元生まれているんでしょうか?


こちら、捕まえてきたトビイロシワアリのコロニーの卵です

捕まえてきたトビイロシワアリは、石膏巣とアクリル巣に分けて飼っています。というのもアクリル巣だと落ち着かない女王が1匹だけいたからですが、1匹だけのコロニーが、どのように増えるのかにも注目です。あと、アクリル巣は、どのくらい機能するのか・・



たぶん、新女王の幼虫

捕まえてきたトビイロシワアリなんですが、羽アリも卵産んでる可能性があります。というか羽が抜けてないだけかもしれません。
先日、蟻の巣付近の草を抜いてみたら、何か幼虫らしきものが数匹落ちてきました。普通に考えたら大きすぎるので、女王か王かな?と思いましたが、違うとしても食べると思いますので、とりあえず餌場に置いてみたら、巣に持ち込んで世話をはじめました。やはり女王か王の幼虫のようですね。
王と女王の数のバランスが良ければ、巣内交尾で女王が増えそうなものです。
こちら、卵を産んでから2週間以上経ちそうですが、まだ卵だけでしょうかね?アクリル巣なので、カビには強そうですが・・



最初に購入した、トビイロシワアリの女王5匹のコロニー

最初に購入したトビイロシワアリですが、色がついて、間もなく孵りそうなサナギがたくさんあります。そういえばカブトムシとかも、こうして色がついて孵っていたような気がするので、これで孵るのだと思いますが、コンスタントに安定すれば、毎日蟻が増えていく体制になりそうですね。
ただ、トビイロシワアリだと女王5匹だと卵が少ないような気もします。トビイロケアリとかに比べると、腹部の大きさが5分の1以下に見えます。おそらく多雌性なので、1匹の負担は少ないのでしょう。
蟻の巣観察キットを埋めるぐらい増やしたいのですが、時間がかかりそうです。



本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 写真関連は、初の写真作品で、キヤノン写真新世紀2019年度グランプリ受賞。東京都写真美術館で個展、LensCulture Art Photography Awards 2022にて Jurors’ Picksなど どこまで流されるのか・・目的地は不明。 自閉症スペクトラム障害・障害2級  尚、写真等の無断使用はお断りいたします。一言ご連絡ください。 お仕事のご相談など、気楽に、ご連絡ください。 e_mail:696969bara@gmail.com(マネージャー月影)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。