blog,  写真日記

トビイロシワアリ女王をコロニーごと捕獲

何日か前、確実にということで、トビイロシワアリのコロニーを購入したわけですが、それだけでは足りないという気分になってきたので、ネットでコロニーを探したものの見つけることができず・・そこで、自分でコロニーごと捕獲するというような事を考えてみました。もちろん用途は、写真作品用のものです。
ただ、時期は3月・・なかなか難しいような気もしますが、ここ何日かは、日中20℃以上で、アリも比較的浅いところにいるのではないか?という感じで根強く探したところ、何匹か女王を確保できました。指に食いついてきた働きアリ(ワーカー)も数十匹確保です。これで、女王が卵を産んだ時の世話もはかどるというものです。夏ごろには、効果的に数を増やせたら良いなと思っております。


トビイロシワアリのコロニー、女王と羽アリもいます

今回は、とりあえずトビイロケアリの初期コロニーを購入した時に付いてきた石膏巣を利用します。卵を産んで、幼虫が孵るのを確認したら引っ越しも考える予定。
一画面中に、すべてを写せませんが、女王は5匹、羽アリは6匹います。羽アリのうち、3匹は、おそらく女王ではないかと・・なので、女王は8匹ということになるのでしょうか?トビイロシワアリは巣内でも交尾するので、そのまま女王は居座ってくれるはずです。
ただ、素手で捕獲したため、女王に怪我とか無いか心配になります。少々の傷とかは大丈夫なものでしょうかね?数日で結果が分かるような気がします。



なぜか、あまり献身的ではない働きアリたち

ふと気になったのですが、働きアリが、数日前に購入したコロニーほど、女王に献身的ではありません。女王も餌を、自分でガブガブと食べている感じです。あと、購入したコロニーに比べて、女王が一回り小さいような気もします。これから食べて、腹部が大きくなるのでしょうか?卵を産むのが待ちどおしいです。


大きいので、たぶん女王

ところで、トビイロシワアリの羽アリって3月中旬にもいるものでしょうか?今年は気温が高いので、早いのでしょうか?1匹は、既に交尾をしていたのか、羽が落ちました。これで、女王は6匹ですね。ただ腹部が小さいのが気になります。まさか、オスの羽が取れただけということはないでしょうが、冬眠から覚めたばかりで、栄養が無く、瘦せているだけかもしれません。
他の羽アリも何故か女王率が高く、オスと半々です。とりあえず、3月のトビイロシワアリの情報が無いので、こういうものなのだと思って世話をしてみます。

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 写真関連は、初の写真作品で、キヤノン写真新世紀2019年度グランプリ受賞。東京都写真美術館で個展、LensCulture Art Photography Awards 2022にて Jurors’ Picksなど どこまで流されるのか・・目的地は不明。 自閉症スペクトラム障害・障害2級  尚、写真等の無断使用はお断りいたします。一言ご連絡ください。 お仕事のご相談など、気楽に、ご連絡ください。 e_mail:696969bara@gmail.com(マネージャー月影)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。