アプリ・ソフト,  役立ちそうな情報,  映像日記

VEGAS Pro+Subtitle Edit+DCP o-matic で海外映画祭向けDCPを作成

最近の海外映画祭では、DCP(デジタルシネマパッケージ)を求められる事が増えたわけですが、少し前まではけっこうハードルが高く、作る事も困難で、海外サイト等を見ながら苦労して作ったものでした。
ぼくが、DCPを初めて使用した映画祭は、フィンランドのタンペレ映画祭で、2015年の話です。
その当時は、OpenDCPというフリーソフトが主流だったかと思いますが、今はもう少し自動で動くDCP作成用フリーソフトが存在したりします。
写真では、キヤノン写真新世紀2019では、グランプリを受賞したりしたわけですが、そもそもは、映像作品として作ろうとしたものを写真に置きかえた作品でした。
ともあれ、作品というものを作って、気まぐれで何かに出しても、ついうっかりセレクトされてしまったりする事もあるのです。
映像作品だと、それが数年おきだったため、DCPの作成に関しては、そのたびに忘れてしまっていたものです。
というわけで、備忘録であることも含め、情報共有出来ればと思い記事にしてみる事にしました。
写真作品も作るけど、最近は映像も撮るという方は増えてきていると思います。是非、海外の映画祭にも出してみて、ついうっかり通っちゃってください。

VEGAS Pro(VEGAS Post) というか、映像編集ソフト全般何でも

VEGAS Pro 18

ぼくが現在使用しているソフトが VEGAS Pro (VEGAS Post)なわけですが、実のところ、今回の手法だと、だいたいどの映像編集ソフトでも作れてしまうのでは?と思えます。というのも、JPG2000の連番を作るために、16bit TIFFファイルを作るという作業が簡略化出来るためです。もちろん、16bit TIFFの連番からJPG2000連番を作ったほうが画質は多少良いものかとは思いますが、写真そのものとは異なり、それほど大きな違いは、目視では分からないということで、XAVC S つまり、圧縮率の低い高画質な mp4 形式で書きだす事にします。それ以外でも、MOVやAVIでも可能なのではないかと思います。

名前を付けてXAVC S でレンダリング

今回は、この路線で描きだしてみます。
当然ながら、比較的大きな映像ファイルが出来上がりますが、TIFFシーケンスや非圧縮AVIに比べれば軽いものです。実は、非圧縮AVIでこの作業を行おうとしましたが、ハードディスクの容量が足りませんでした・・2TBは必要そうな勢いでした。



Subtitle Edit で字幕を作成

Subtitle Edit

とりあえず、Subtitle Edit をインストールして、Options から Choose language そこから日本語に変換して日本語にしましょう。英語のほうが好みであれば、そのままでもOKです。
あとは、ビデオ→ビデオファイルを開くで、先ほど描きだした動画、もしPCのスペックの関係で重ければ、もう一度軽い動画を書き出して開いてください。
あとは、動画に含まれる音声の波形が表示されるようになるので、①のように字幕を入れる箇所を選択します
そして②のように字幕を打ち込むと、その区間に字幕が表示されるようになります。改行ボタンをクリックしたら、自動で改行もしてくれます。
以降は、同じような作業を繰り返して、タイミングよく字幕を打ち込んでいきましょう。誰かに字幕を作ってもらった場合は、コピペでOKです。

書き出しフォーマットの形式は SubRip (.srt)が便利

字幕全般が完成したら、次は普通に、名前を付けて書き出しです。とりあえずですが、 SubRip (.srt) が汎用性が高く便利です。あと、映画祭によっては srt ファイルの提出を要求してくることがありますので、ここで作っておくことをおすすめします。
このファイルは、後ほど使う DCP o-matic にも普通に取り込めます。



srt 字幕は VEGAS Pro にも取り込める

VEGAS Pro にも、普通に srt 形式の字幕は取り込めます。バージョンにより異なるので注意

DCPとは関係ありませんが、srt 形式の字幕は、動画編集ソフトによっては取り込めます、VEGAS Pro 18 の場合は、挿入→ファイルから字幕を挿入→そこからファイルを探して以下の画像のように SubRip を選びます。

斜め下にある部分を押すと、SubRip Subutitle files を選択できる 同じく字幕作成ソフトのAegisubも入っているので、そのアイコンで見えている

Subtitle Edit で書き出した字幕を読み込むと、字幕が綺麗に配置されます。

VEGAS Pro 18 に字幕が挿入されました。一番上のタイムラインに注目

同じ画面をもう一度アップしますが、こういう経緯で VEGAS Pro 18 への字幕の挿入が可能です。



DCP o-maticで、字幕付きDCPを書き出す

DCP o-matic 2

とりあえずは、 DCP o-matic をインストールしましょう。Linux含め、各OSのものがあります。後の事を考えたらLinux版が良いかもしれないとも思いました。

FileからNewをクリック

この作業は非常に簡単です。以下のように、単純な名前でファイルを作ります。

New Film から Film name で、半角英数字で題名を作ります。すると、DCPを作成するフォルダーが自動的に生成されます。

読み込んだのは、先ほど書き出した動画と字幕のみです。

Add file から、先ほど書き出した動画と字幕を読み込みます。
ちなみに、このソフトの欠点として、非常に重いので苦労しますが、字幕の位置程度はチェックしておいてください。何もなければ、ちょうど良い位置に字幕が入るはずです。
PCのマシンスペックは、それなりにあったほうが良いでしょう。

DCPタブをクリックしてみると

Content Type は この作品の形式を表しています。もし長編映画なのであれば、このままで、短編ならば Short を選びます。ぼくのは、この後 Short にしました。
特にアスペクト比は変える予定が無いので、DCI Flat を選びました。
Resolution は4K ですが、その後 2K も作りました。4K ファイルからも普通に書き出し可能です。
Frame Rate は、ぼくは撮影の段階で、いつも24Pです。なので、24 に設定しました。
上部のContentタブから、画面をフィットさせることも可能ですが、上下が少しカットされるので、このままにします。もし、カットされたほうが良い場合は合面をフィットさせましょう。

Audio タブをクリックしてみる

こうして見ると、ステレオの左右は、自動的に振り分けられているようです。便利なものですね。

補足 字幕編集 画像はubuntu Linux 版

srt 字幕は取り込んだままだと、大きかったり、輪郭線(黒枠)などが無いですが、編集が可能です。Scaleを100から80ほどに変えると、良い感じになりました。
Languageとかも、字幕の言語に合わせて記入します。

Appearance編集 画像はubuntu Linux 版

Appearanceのタブをクリックすると字幕の色や輪郭線の色を変更できます。個人的には輪郭線は黒で良いような気がします。この画像は、ubuntu 版ですが、やり方は同じです。

jobs タブから Make DCP をクリック

あとは、 jobs タブから Make DCP をクリックするだけで、DCPの書き出しが始まります。時間はかかりますので、気長に待ちましょう。


DCP o-matic Pleyer で確認してみる

DCPはフォルダーごと開きます

DCP o-matic Pleyer は、 DCP o-matic をインストールすると、自動的にインストールされていますが、非常に重いです。まともに動かないと思って良いでしょう。
というわけで、まったく同じ条件で4Kと2KのDCPを作っておきました。
2Kであるならば、PCのスペックがそこそこなら、なんとか動いてくれます。

DCP o-matic Pleyer

字幕も無事挿入されており、問題なくDCPは作成されているようです。
あとは、このファイルを提出するだけですが、基本はUSBが良いです。
USBのファイル形式は、Linux ext2 形式が理想のようです。以前は、Windows NTFS形式でもOKでしたが、今はどうでしょうね?
ぼくは、一応 PCはubuntu Linux をデュアルブート出来るようにしているわけで、Gparted というソフトをインストールしていれば、簡単にフォーマットできます。
もし、古いPCで、第一線を退いたPCをお持ちなら、ubunt Linux のインストールをおススメします。
その中に、DCPをコピーしたら、一連の作業は終了ということになります。



気になったので、ubuntu版DCP o-matic Pleyerで動画を見てみる

DCP o-matic のサイトから、ububtu 用をダウンロード

DCPは、Linux ext2形式のファイルに最適化している事から、ubuntu版が気になったので、ubuntu20.04用の DCP o-matic をダウンロードすることにしました。

ダウンロードファイルにDCP o-matic のdebファイルがあることがわかる

ダウンロードした後に、DCP o-matic のdebファイルをクリックすると、インストールするかどうか聞かれることになる。

インストールをクリックすると、パスワードを入れればインストールされる。

DCP o-matic 関連のソフトが一通りインストールされた

問題なくインストールされれば、このようにソフト一覧の中に入ります。

Linux 版 DCP o-matic Pleyer

ubuntu Linux 版の DCP o-matic Pleyer でDCPを再生すると、Windows版よりも遥かに軽く動きました。同じPCにインストールしているため、スペックが同じであれば、Linux版のほうが、遥かに軽い事を確認しました。
この事から、DCP o-matic での DCP 作成は、Linuxで行ったほうが、最終的なusb格納までを含め優位にあることが分かりました。そもそもDCPを最適化させる ext2 ファイルシステムは、Linuxのものなので、それに対応させるDCP制作ソフトが軽いのは当然かも?
DCP o-matic ソフト内で、作品の微調整をするとしても快適です。
尚、Linux用の Subtitle Edit もあるので、動画編集以降のDCP作成は、Linux のほうが優れているかもしれません。ubuntuソフトウェアセンターからダウンロード可能です。

ubuntu 版 DCP o-matic で書き出し

実際に試してみましたが、ubuntu 版の DCP o-matic の書き出しは圧倒的に速く、4Kであっても、Windows 版の2K書き出しぐらいの速さです。あと、全体的に動作が軽いことから、DCP o-matic での編集も、明らかに快適です。

GParted をインストール Linux ext2 ファイルシステムを作成

GPartedは、普通にubuntuソフトウェアセンターからダウンロードできるため、簡単にインストール可能です。
これは、パーティーションを編集できるソフトですが、Linux ext2 フォーマットのUSBも簡単に作れます。

GParted

GPartedは、このような感じで、Windowsのパーティーションソフトとよく似ています。使い方も似たような感じなので、パーティーションを編集したことのある方ならば簡単です。

ここまで小さなファイルで、DCPを格納することはできませんが、例えば32gbとか64gbぐらいのUSBメモリーであれば、短編作品であれば十分格納できます。
USBメモリーを差して、Linuxに認識させた後、ファイルシステムをext2にフォーマットすればDCP用のUSBの完成です。念の為転送速度の早いUSBが好ましいと思われます。

WindowsのみでもEXT2形式のフォーマットは可能

MiniTool Partition Wizard

MiniTool Partition Wizardは、フリーで入手可能なパーティション編集ソフトです。このソフトで、EXT2形式のUSBの作成が可能です。
現在EXfat形式のUSBをEXT2形式にフォーマットしなおしてみます。

MiniTool Partition Wizard では、このようにEXT2フォーマット形式のフェイルシステムを製作可能です

USBを選択して、ファイルシステムの項目の▼印をクリックすると、EXT2ファイルシステムを選択できます。

選択したら、左下にある適用タブをクリックします。

パーティーションのフォーマットが始まりますので、ゆっくり待ちます。ここで注意が必要な事ですが、SanDisk以外のUSBメモリーだと非常に相性が悪い事があります。トラブルを避けるために、あらかじめ SanDisk のUSBメモリーを用意しておく事をおすすめします。


基本的に、Windowsでは、EXT2ファイルを使えませんが、Ext2Fsd で解決

Ext2 Volume Manager

フリーソフトの Ext2 File System Driver for Windows をダウンロードしてインストールします。
すると、 Ext2 Volume Manager で [E:]の項目のようにEXT2形式でUSBがフォーマットされていることが分かります。

このように、EXT2ファイルシステムが普通に目視できるようになる事と、データーの書き込み、書き出し等のネイティブ的な管理も出来るようになります。
これで、DCPの格納がWindows上で可能になりました。
何故か、Linux上で、USBに書き込めないという現象もありますので、この方法でとりあえず解決します。出来上がったUSB内のDCPをDCP o-matic Pleyer上で動作確認出来たら、すべての作業が終了します。

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 写真関連は、初の写真作品で、キヤノン写真新世紀2019年度グランプリ受賞。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。- 尚、写真等の無断使用はお断りいたします。一言ご連絡ください。 お仕事のご相談など、気楽に、ご連絡ください。 e_mail:nakamura.tomomichi@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です