blog,  写真日記

Affinity Photo を2年ほど使ってるわけですが

2年と少々前ほどから、Affinity Photo を使用しているわけですが、これで完全にPhotoshopから卒業出来ました。というわけで、脱アドビは完了したわけですが、このソフト、すこぶる良いと思います。ちなみにですが、このソフトの使用で、キヤノン写真新世紀2019で、グランプリも受賞しております。ぼくの使い方には非常に合っていたわけですね。

これにRawTherapeeDxO Photolabdarktable を併用している感じです。これで、ぼくの仕事は、ほぼ完ぺきに出来るという感じでしょうか?

最近まで、RAW現像ソフトは、フリーソフトと純正のみを使っていた感じですが、少々楽もしたいので、 DxO Photolab なども使うようになりました。ちなみに、このソフト、RAW現像ソフトとしては並みですが、ノイズリダクションが非常に楽に出来る事と、DNGで書き出せるので使うことにしました。あと、うちのPENTAX 645システムに完全対応していた事も大きいです。オートフォーカスのレンズには、すべて対応しておりました。

で、肝心なところのAffinity Photoですが、RAW現像も可能ではあります。なんですが、機能的には十分ではないのと、うちのマイナーな機材に対応しておらず、これだけでRAW現像するのは、少々辛いという感じです。特にですが、ホワイトバランスの調整に関しては、もう少し細かい設定も欲しいところ。
そこで、DxO Potolab は、かなり生きる感じですね。このソフトで、DNGで Affinity Photo に書き出す事で、概ねすべて出来るという感じです。
もっと細かく弄ろうと思うときは、DxO Potolab→Raw Therapee または darktable→ Affinity Photo といった感じで編集です。
Raw Therapeeとdarktableは、特に細かくパラメーターを弄れるので、この場合も重宝しております。

RAW以外の、普通の写真編集に関して言えば十分でしょう。フリーソフトの GIMP も試してみたのですが、ぼくの編集には耐えられないようで、頻繁に落ちてしまいます。これは、PCのスペックを上げてもどうにもならないところなので、このソフトの安定感が、使用の決め手になったという感じです。

今後も、当面はお世話になると思います。

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 写真関連は、初の写真作品で、キヤノン写真新世紀2019年度グランプリ受賞。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。- 尚、写真等の無断使用はお断りいたします。一言ご連絡ください。 お仕事のご相談など、気楽に、ご連絡ください。 e_mail:nakamura.tomomichi@gmail.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です