blog,  写真日記

ガチ撮りはフィルムで行うことに

フィルムに回帰?いや、デジタルから始めてます

初めての写真作品が、キヤノンの写真新世紀でグランプリをとってしまったので、フィルムに目覚めてしまいました。
皆がフィルムで撮っていたから?
いえ、ぜんぜん違う理由です。
作品の新しいスタイルを思いついたからです。
どんなスタイルかは、展覧会までは言えないのですが、誤算としては、デジタルよりも揺らぎがあり、なまめかしい感じがするのがツボでした。

デジタルだと、こういう感じにはなりません。
しかし、これはデジタル写真です。フィルムを撮影して、RAW現像しているわけですね。
うちの近所には、ラボもなく、現像できるところはキタムラとかのカメラ屋ぐらいなものです。個人的には、それで十分で、作品としての役割は、そこで果たせました。むしろ平均的であることが重要でしたから。
お金もかかりませんしね。

というわけで、これからはフィルム重視で

冷静に考えてみますと、今の装備から、新しいデジカメを購入しても、画質的には、ほとんど変わりません。
ぼくの用途だと、動体を撮ることが極めて少ないため、画質が大差無いならば、今の機種で十分です。
動画機としては、新型カメラには興味があります。
ぼくは、映像作家といいましても、主にアニメーションの作家でしたから、動画性能も、それほど必要ありませんでした。ところが、今は写真系の動画を撮るようになったので、そういう意味では新型カメラにも興味はあります。
問題は静止画のほうでしょうか?これは、フィルムの使用で、大幅に絵が変わりました。
というわけで、フィルムとデジタル両方で記録する事にしました。

現在使っているフォーマット

個人的には、フィルムであることが重要で、その時一番安いフィルムを使うことにしました。
色々試したほうが良い?
まぁ、ぼくには必要ないことです。意味が重要ですから。
サイズは、普通の35mm、あと645、6×6、6×7という感じで、67はここ数日で始めたばかりです。まだ現像すら出していません。

HOLGAなんぞも使っております。もちろん作品のためです。
鳥取砂丘に、コロナ禍での人間模様のようなものを撮りに行きました。
一部、東京都写真美術館でも展示予定です。

結論としては勘

ぼくは、あまり勉強に向いていないので、何でもいきなりです。学ぶ前にまず自分の考えで動くという感じなので、これまでの通例などには固執していません。
こうなったらいいなあと思ったら、それを目指してやるという感じです。
面白いことですが、人間、きちんと想像出来たら、それはだいたい出来るもんです。それは、ぼくの特性と、パートナーは思っていますが、どうなんでしょうね?
作品って、結局のところ、何を表したいか?だと思うんです。僕の作品って、そのツールの考察とか、例えば写真の文化を深めるとか、そういうのは二の次なんですよね。
フィルムという、新しいツールを手に入れましたので、今後も色々な組み合わせを考えてやっていく予定です。

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 写真関連は、初の写真作品で、キヤノン写真新世紀2019年度グランプリ受賞。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。- お仕事のご相談など、気楽に、ご連絡ください。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です