blog,  オールドレンズ

SMC PENTAX-A 50mm F1.7

SMC PENTAX-A 50mm F1.7 というレンズ

これといって珍しいレンズでもないわけですが、50mmのAレンズが欲しくて入手しました。古いフィルムカメラで使うのに、50mmのKマウントレンズが無かったのでこちらをチョイスすることに。個人的に、圧倒的によく使う単焦点レンズは、35mmと50mmなのです。たまに中望遠を使うぐらいです。
一応期待するところとしましては、やや小さいとしても、50mmF1.4とたいして大きさも変わらないという点です。そうなれば、光学性能も無理が無く期待できます。
では見ていきましょうか。

SMC PENTAX-A 50mm F1.7

これまでのPENTAXのレンズとは異なり、プラスチック製になってしまいました。絞りリングなど、やはりプラスチックな感じなので、カタカタした感じです。安っぽいといえばそう。Aレンズといえば、プラスチッキーで、それまでのレンズより安っぽいにも関わらず、中古価格は高いという特徴があるような気がします。その中では、この50mm F1.7とF2は比較的安価ではあります。光学系は、見たところSMC PENTAX-M 50mm F1.7と同じような感じなので、そちらのレンズの描写も参考になるかもしれません。

SMC PENTAX-A 50mm F1.7 前面

Aポジションにしてますので、絞りは閉じてますが、中心に見事な六角形が見えます。絞り羽の枚数は6枚と分かります。

SMC PENTAX-A 50mm F1.7 後面

Aポジションのための電子接点が一つだけあります。どういう仕組みか分かりませんが、これで、現在のPENTAXデジタル一眼レフ機でもボディ側で絞りのコントロールが可能になります。

チャートでも撮ってみます

久々にチャートでも撮ってみます。なんちゃってチャートなので、まともに測定ともいきませんが、個人的には非常に参考にはなっております。
使用機種は、PENTAX K-1となります。画像はそれぞれクリックで拡大します。画像サイズは24MPにリサイズしております。

K_1N2554.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 50mm F1.7 [絞りF1.7])

う~ん、甘いですね。きりっとした感じはありませんが、見れないこともないという感じ。軸上色収差で線が変色していますね。周辺減光もけっこうあります。歪曲収差は、樽型ですね。これまでのTAKUMAR系のレンズよりも強めの収差のように感じます。

K_1N2555.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 50mm F1.7 [絞りF2])

これだけ絞るだけでも、だいぶきりっとしてきました。周辺は、まだまだですが。

K_1N2556.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 50mm F1.7 [絞りF2.8])

周辺も、きりっとしてきました。ここから描写も実用域でしょうかね?

K_1N2557.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 50mm F1.7 [絞りF4])

ここで、実用上問題のない画質になりました。ここからは、正直、現代のレンズと大差ない描写ではないかと思われます。

K_1N2558.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 50mm F1.7 [絞りF5.6])

F4との差は、わずかですが、若干コントラストが上がったでしょうか??

K_1N2559.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 50mm F1.7 [絞りF8])

個人的には、F5.6との違いは分かりません。

K_1N2560.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 50mm F1.7 [絞りF11])

ここも細かい差は分かりません。

K_1N2561.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 50mm F1.7 [絞りF16])

F11に対して、若干の解像低下が見られるか?という感じですが、実用域であることに変わりはありません。

K_1N2562.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 50mm F1.7 [絞りF22])

もやっとしました。回折現象で小絞りボケが出てしまっています。

ちょろっと出かけてみましょう。

ここからも、クリックで拡大します。

K_1N2528.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 50mm F1.7 [絞りF1.7])

出かけたといいましても、庭です。解放だと、トロトロのボケですね。拡大すると分かりますが、ピントの芯はあります。

K_1N2531.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 50mm F1.7 [絞りF2.8])

わずかに絞るだけでもキリっとしますね。実用するならば、F2.8からでしょうか。

K_1N2476.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 50mm F1.7 [絞りF8])

F8だと言うことない描写、正直今のレンズで撮ったと言っても分からないでしょう。

K_1N2482.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 50mm F1.7 [絞りF5.6])

マネキンもマスクしております。現在のご時世が分かるというものですね。

K_1N2491.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 50mm F1.7 [絞りF5.6])

こういう描写も嫌な感じはありません。

K_1N2492-1.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 50mm F1.7 [絞りF5.6])

パチンコは営業しておりますね・・

K_1N2522.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 50mm F1.7 [絞りF2.8])

地面にあった花。一応ぼかすという意味で、F2.8
よって、玉ボケは見事に六角形です。

K_1N2519.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 50mm F1.7 [絞りF5.6])

岡山天満屋前、アリスの広場のウサギです。

ざざっと、こんな感じですが・・

(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 50mm F1.7 [絞りF2.8])

SMC PENTAX-A 50mm F1.7は、それなりによく写るレンズだと感じました。主にフィルムカメラで使うために購入しましたが、デジタルでも十分に使えますし、レンズプロファイルも普通に出回っているので、歪曲も、それほど問題になることもないでしょう。
実用域は、F2.8付近から。作品などに使う場合はそこからが実用域だとい言えると思います。
気になる点としては、ややコントラストが低め?かもしれません。それでも、こういう画質は嫌いではないので、使い分けということで。

関連

Super-Multi-Coated TAKUMAR 55mm F1.8

SMC TAKUMAR 50mm F1.4

Super Takumar 55mm F2

HELIOS-44M-6 58mm F2

PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 135mm F2.8

SMC PENTAX-A 135mm F2.8

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 写真関連は、初の写真作品で、キヤノン写真新世紀2019年度グランプリ受賞。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。- お仕事のご相談など、気楽に、ご連絡ください。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です