blog,  オールドレンズ,  レンズ

SMC PENTAX-F 35-80mm F4-5.6 と SMC PENTAX-FA 35-80mm F4-5.6

SMC PENTAX-F 35-80mm F4-5.6 と SMC PENTAX-FA 35-80mm F4-5.6というレンズ

この中の、手前にある、真ん中の二つのレンズがそのレンズで、中古カメラにくっ付いてきたり、ジャンクコーナーで500円とかで売られてるレンズです。いわゆる、キットレンズの類
基本的に、この二つの光学系は同じものらしく、同じような写りをします。ただし、旧型であるSMC PENTAX-F 35-80mm F4-5.6のほうは、金属マウントであり、二つを比べるとずっしり重く感じます。とは言いましても、随分と軽いレンズであることに変わりありません。FAのほうは、おそろしく軽く、本当にガラス入ってるの?というぐらい軽いです。プラマウントな事もあり、ちょっと強度に不安を感じなくもありません。
この、ズーム倍率と、F値を見れば分かるのですが、いわゆる安レンズです。で、PENTAXとなると、写りのほうは期待せざるをえません。えっ?なんで?と思われるかもしれませんが、PENTAXというメーカーは、何故かこういう力の抜けた安レンズで実力を発揮してしまうメーカーなわけです。

実際に写してみる

K_1N2078.jpg
PENTAX K-1/SMC PENTAX-F 35-80mm F4-5.6 (iso400/70mm/F6.3)

コボウシインコのドリヤマです。これらの写真は、クリックで拡大し、600万画素ほどの画像を見ることが出来ます。
数年間、使う事のなかったレンズですが、正直写りは良いと思います。もちろん、このレンズの立ち位置を考えればの話ですが、低倍率な事もあり、少し前の標準ズームと比べても悪くありません。

というわけで、色々な状況で撮ってみる

EOSL0301.JPG
CANON EOS R/SMC PENTAX-FA 35-80mm F4-5.6 (iso100/50mm/F8)

ミラーレス機のEOS Rに取り付けてみました。
悪くありません。むしろ一眼レフ機よりも厳密にピント合わせしやすく、良い感じになります。マニュアルフォーカスになりますが・・

EOSL0309.JPG
CANON EOS R/SMC PENTAX-FA 35-80mm F4-5.6 (iso100/50mm/F8)

良い感じですね・・やや無限遠でもやっとするかな?

K_1N2020.jpg
PENTAX K-1/SMC PENTAX-FA 35-80mm F4-5.6 (iso200/50mm/F8)

また、散歩に行ってみます。フェレットの星男くんとの散歩です。常に動く生き物なので、多少ぶれます。

K_1N2024.jpg
PENTAX K-1/SMC PENTAX-FA 35-80mm F4-5.6 (iso200/50mm/F8)

悪くありません。

K_1N2017.jpg
PENTAX K-1/SMC PENTAX-FA 35-80mm F4-5.6 (iso200/80mm/F8)

こちらは、テレ端。

K_1N1991.jpg
PENTAX K-1/SMC PENTAX-FA 35-80mm F4-5.6 (iso200/50mm/F8)

色味が無いので、花でも撮ってみましょうか。

K_1N1988.jpg
PENTAX K-1/SMC PENTAX-FA 35-80mm F4-5.6 (iso200/35mm/F8)

ワイド端です。色収差は、それなりにありすね。

ざざっとこんな感じですが・・

K_1N2072.jpg
PENTAX K-1/SMC PENTAX-F 35-80mm F4-5.6 (iso800/35mm/F5.6)

ここで、このレンズの最大の弱点と思われる現象・・周辺減光と周辺のぐるぐるボケですね。ワイド端での問題点。上の写真と比べると、近接撮影ですし、一段明るく撮っているので、更に一段絞ると、問題は少しは改善するのかもしれません。
と、問題もありますが、概ね仕様に対して高画質でもありますし、ものすごくコンパクトです。発色も良い部類なのではないかと思います。解像に関しては、今一つの部分もありますが、全体の絵としては、破綻の少ない絵だと感じます。
個人的には、単焦点レンズで使うのが、35~100mm付近なので、その中の多くの領域をカバーしているので、便利と言えば便利。
散歩やSNSならば、十分な性能のレンズのような気がします。

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 写真関連は、初の写真作品で、キヤノン写真新世紀2019年度グランプリ受賞。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。- お仕事のご相談など、気楽に、ご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です