blog,  ドローン,  写真日記

Dji Mavic 2 Pro

個人的には、実はハイテクが好きではなく、スマホやドローンのような感じのものは苦手です。何といいますか、覚えられないわけです。
しかしながら、撮りたい絵があり、今の装備では、それは不可能なわけで、購入したわけです。
ですが、何でしょう?来た瞬間から、意味が分からずで、なんか一発で壊しそうという感覚に襲われます。
というわけで、練習用のトイドローンも購入。これを室内で飛ばして、操作に慣れたら、外で飛ばしてみようかと思います。

オオホンセイインコとMavic 2 Pro

大きさは、思ったより大きかったです。重さもずっしり。こんなものが飛ぶなんて、時代が変わりましたね・・昔は、エンジンのヘリぐらいしか飛ばなかったような・・
ところで、練習機で調べてたら、近頃はトイドローンもけっこう優秀で、それも欲しくなります。いわゆるサブ機として。航空法やら何やらで面倒くさい世の中ですが、200g以下ならば、それが適用されないとの事で、そういう機種が欲しくなります。まぁ買いませんが・・

200g以下ではありませんが、気になる機種はこちら EACHINE E520S

Mavic 2 Proには HASSELBLAD のカメラが付いてきます。

しかし、何故、Mavic 2 Proにしたのか?についてですが、レンズの換算値が28mmだからです。
他の多くの機種は、それより広く24mm以下のものが多くて、それだとぼくの撮りたい絵が撮れないということになるからです。広角はパースが出ますが、それをなるべく抑えたかったのです。つまり、一枚の絵だけのために、この機種にしたわけです。画角で言えば、Zoomのほうが良かったのですが、絵がこちらのほうが奇麗だったので、Proにしました。

空撮は、作品としては頻繁には使えませんが、5枚ぐらいは、作品のための案として考えております。今後、他にも撮る案を考えるつもりですが、ただ空から撮ったでは、幼稚な絵になってしまうので、必然としての空撮というものも考える必要が出てきました。

2019/12/11 追記

Mavic 2 Pro やっと初フライトです

ここ何日か、何故か忙して、なかなか Mavic 2 Pro を飛ばすことが出来なかったのですが、到着一週間で、ようやく初フライトです。
当たり前と言えばそうなんですが、練習機に使っているトイドローンに比べて、はるかに安定しております。

搭載されている HASSELBLAD のカメラの画質

一型センサーだからなのか、綺麗に写りますね~ それとも HASSELBLADのレンズが良いのか?まぁ両方でしょう。このくらい写るのなら、普通に風景写真もいけそうですね。今後が楽しみです。

 

それにしてもですが、この Mavic 2 Pro とても説明書やら何やらが分かりにくいです。アプリも分かりにくいし、アップデートしようとしたら動かなくなったりで、色々と問題もありますが、とりあえず目的は果たせそうなので、気楽に使っていこうと思います。

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 写真関連は、初の写真作品で、キヤノン写真新世紀2019年度グランプリ受賞。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。- お仕事のご相談など、気楽に、ご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です