blog,  オールドレンズ,  中華レンズ,  写真日記

レンズが増えてしまう Carenar 28mm 50mm 135mm 七工匠 35mm F1.2

知り合いが、いらないカメラとレンズ等いらないか?とのことで、貰うことにしました。何十年も放置していたとのことなので、当然ながらカビは覚悟しなければなりません。
事前情報からすると、カメラの名前は”Carenar”カレナーとか呼ばれていますが、日本語説明書には、カリーナと書かれています。アメリカのメーカーと言われていますが、実はドイツとのこと。OEMで、日本製のようです。このカメラ以前持っていたことがありますが、レンズは売ってしまっていました。
本体はペトリで、少なくとも、付属の標準レンズ55mmは、ペトリ PETRI C.C Auto Petri 55mm / f1.8と同様のもののようです。
28mmと135mmは、デザインそのものの系統が異なるので、ペトリなのかどうか分かりません。質感としては、28mm F2.8と135mm F2.8は高級感があります。55mm F1.8は、安っぽさがあります。

来たレンズには、やはりカビが生えていたため、カメラは分解清掃です。中性洗剤で洗って、綺麗に拭いてから組み立て。あと紫外線照射もしてみました。
55mmと28mmは復元しましたが、135mmは残念なことに前玉にバルサム切れが。。これは、後程直してみようかと思っています。

ちょろっと写してみた感じは、55mmはバブルボケ、28mmは、昔の広角らしく、周辺画質はボロボロといった感じです。
そのうち詳しい感想でも書いてみようかと思いますが、今は体調悪いので、第一印象だけで。

あと、キヤノンのカメラ二台も付いてきました。残念なことに、レンズは死んでいました。グリスで絞りが動かないので、そのうち分解して直します。
コンパクトカメラのほうは何だろう?オリンパスのペンに似ていて、ハーフサイズでの撮影が可能なようです。つまるところ、ほぼAPS-Cサイズでの撮影が出来るということですね。
このあたりのカメラには疎いので、そのうち調べてみようかな?

これは、七工匠の7Artisans 35mm F1.2 で、APS-C用の標準レンズです。
中国からの輸入便で購入したため、国内正規品よりも10000円ほど安い12000円台での購入。この値段ならば、Neewer 35mm F1.2とも大差ありません。
KESOTO 35mm F1.2という名前で売られていましたが、中身は七工匠そのものです。評価の高いレンズでもありますね。

で、写りは?と言われると、七工匠はNEEWERよりもコントラストが高く、透過率も高め、明確に劣るのは歪曲収差だけで、ほかの多くは優れているという印象です。※開放での撮影だと差があって、七工匠は、この時点でコントラストが高めなのに対して、NEEWERのほうは、少々滲んでいるような描写です。逆光に関しては、残念ながら、どちらも、とても弱いです。フレアを生かして撮りましょう。
国内での値段なりの差があるような感じですね。遊びに使うなら、どちらもコスパ高いと思います。
写りの傾向は、まったく異なるため、両方持っていても損は無い気がします。
どちらかと言えば、七工匠は正統派で、NEEWERは色物系という感じでしょうか?どちらがオールドレンズっぽいかと聞かれると、NEEWERのほうです。
ぼくは、どちらも好きです。

これも、楽になったら、中華の他の35mmとの比較も含めて書いてみようかと思います。

※その後、日中野外で撮影してみましたが、開放だと七工匠もNEEWER同様の滲みが発生しました。この点では大差無さそうです。

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です