blog,  オールドレンズ

SMC PENTAX-A 135mm F2.8

あまり聞かない気がする

このレンズ、人気が無いのか、あまり聞きません。
これより前のTAKUMAR 135mm F3.5 や、FやFAはけっこう聞くんですが、人気が無いのでしょうか?
個人的には、コンパクトで、なかなか良いレンズではないかと思いますが、逆光等には弱いですね。

レンズ構成 4群4枚 フィルター径 52mm 絞り F2.8 ~ F32 絞り羽根枚数 8枚 最短撮影距離 1.2m 重量 340g との事。

個人的には、Aシリーズレンズは残念な存在で、MFでプラスチックにしては高いという印象です。MFは金属が良いと思っているわけです。

ですが、光学的には悪くなくて、軽くコンパクトなレンズが多いのもポイント高いですね。

 

 

写り

K_1N0236.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 135mm F2.8)  クリックで等倍鑑賞可能です

コントラストが高くて、均一性が高い絵のような気がします。4群4枚と構成レンズは少ないですが、透明感のある、なかなか良い雰囲気の画質です。

これは、アメンボを撮っているわけですが、水面の張力といいますかそういうものも感じよく撮れました。

アメンボは、ミルワームみたいな生き物に群がっているみたいですね。

 

 

チャートでも撮影してみましょうか

それほど立派なチャートではありませんので、参考程度にしてください。

K_1N0308.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 135mm F2.8 [絞りF2.8])

ん!?いきなり隅まで解像してしまいました。
こういう解像の仕方は、何というか、現代的でもあるような気がしますね。
歪みも少ないですね。
ただし、色収差は目立ちます。補正レンズが少ない故という感じでしょうか?

K_1N0309.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 135mm F2.8 [絞りF4.0])

一段絞ると、色収差はぐっと減りました。解像感もなかなか良いですね。

K_1N0310.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 135mm F2.8 [絞りF5.6])

特に不満の無い画像ですが、倍率色収差はそこそこある感じですね。

K_1N0311.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 135mm F2.8 [絞りF8.0])

F4あたりから、それほど大きな差は無さそうな気がしますね。シャキッとした写りです。

K_1N0312.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 135mm F2.8 [絞りF11])

ちょっとぼやけてきたでしょうか?このレンズは回折現象の影響が早めに出てくるという感じです。

K_1N0313.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 135mm F2.8 [絞りF16])

コントラストも落ちてきましたね。

K_1N0314.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 135mm F2.8 [絞りF22])

使えますが、わざわざ使う必要は無さそうな絞り値です。

K_1N0315.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 135mm F2.8 [絞りF32])

もやっとしてしまいました。

 

 

とりあえず何枚か写真でも

(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 135mm F2.8)
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 135mm F2.8)
PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 135mm F2.8
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 135mm F2.8)

とりあえず、一日でざざっと撮ってみた写真です。
他のレンズでも似たような感じで撮れるかと思いますが、けっこうシャープで良い感じの写りです。

結局のところですが、使ってみないと分からないというのが結論ではありますね。
特徴としては、けっこうシャープでオールドレンズにしてはコントラストが高いという感じでしょうか?
個人的には TAKUMAR 135mm F3.5 とかよりも好きな感じです。
一応AEはPENTAXの一眼レフでは使えますので、使いやすいことは言うまでもありません。

 

 

個人的には、けっこう良いレンズです

K_1N0256_.jpg
(PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 135mm F2.8)  クリックで等倍鑑賞可能です

現在でも解像は十分ですし、一般的な評価とは異なり、開放から解像する感じです。
ピントが薄いので、一見解像していないように見えますが、実は解像しているようです。
ただし、色収差が邪魔をしますので、もやっとして見えることもあるかもしれません。

もう少し使ってみないと分からないところが多いですが、考えてみれば、オールドレンズを何本も持っていたら、いちいち一つずつは検証できませんよね・・

とりあえずですが、このレンズを使用する機会がありましたら、また何かアップしてみようかと思います。

 

 

関連

Super-Multi-Coated TAKUMAR 55mm F1.8

SMC TAKUMAR 50mm F1.4

Super Takumar 55mm F2

HELIOS-44M-6 58mm F2

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です