blog,  オールドレンズ

HELIOS-44M-6 58mm F2

Zenit (ゼニット)のカメラに付いていた標準レンズ

詳しい事はよく分かりませんが、ゼニットの一眼レフカメラに付いていたレンズです。カメラは、欲しいという人がいたので、譲ってしまいましたが、レンズは面白いので残すことにしました。

このシリーズは、 Carl Zeiss Jena BIOTAR 58mm F2.0 をコピーしたレンズと言われ、ロシア製です。
ビオター(BIOTAR )1930年代の設計で、1959年まで製造されていたようです。

そういえば、1960年代以降の標準レンズは、最近まで、その設計そのものは大きく変わらずにオートフォーカス化されていたりで、わりと現代的とも言えるかもしれませんが、それ以前の設計というのは、この時期から代替わりしていったという印象もあります。

HELIOS 58mm F2レンズそのものは、ぐるぐるボケで有名なレンズですが、古いレンズながら、実は描写性能も良いという印象があります。

最短撮影距離 50cm 絞り羽根 6枚 絞り F2~16 M42マウント フィルター径52mm ロシア製 となります。

 

 

SONY ILCE-7M2 /HELIOS-44-6 58mm F2

有名なぐるぐるボケですね。
そもそも、こういったボケは、設計の未熟さからくるもので、良いとは言われないものですが、個性でもあって、あえてこれを楽しむという方も多くいるようです。

これは、このレンズ特有の特徴と思われている方もいるかもしれませんが、最近のレンズでも、ぐるぐるボケは確認できます。

このレンズが特に有名なので、ぐるぐるボケといえば HELIOS という感じになっているのではないでしょうか?

 

 

チャートを撮影してみる

大したチャートでもないので、参考程度ですが、どのような描写傾向があるのか、少しは分かります。
チャートは、クリックで拡大して、等倍鑑賞可能です。

PK1N0035.jpg
(PENTAX K-1/HELIOS-44M-6 58mm F2 [絞りF2.0])

もやっとしていますが、中央はそこそこ解像している感じです。
ぐるぐるボケが期待できるのは、この絞り値です。

PK1N0036.jpg
(PENTAX K-1/HELIOS-44M-6 58mm F2 [絞りF2.8])

一段絞ると、透明感が上がり、中央はシャキッとしてきましたが、周辺はまだボヤっとしています。

PK1N0037.jpg
(PENTAX K-1/HELIOS-44M-6 58mm F2 [絞りF4.0])

解像する領域は増えていきましたが、周辺はまだまだでしょうか?

PK1N0038.jpg
(PENTAX K-1/HELIOS-44M-6 58mm F2 [絞りF5.6])

周辺も解像してきました。
全体像を撮りたい場合はここからでしょうか。

PK1N0039.jpg
(PENTAX K-1/HELIOS-44M-6 58mm F2 [絞りF8.0])

均等に解像しています。
情報量も多く、風景にも使えそうです。

PK1N0040.jpg
(PENTAX K-1/HELIOS-44M-6 58mm F2 [絞りF11])

ここで、最も解像している雰囲気です。
周辺まで見事な描写です。

PK1N0041.jpg
(PENTAX K-1/HELIOS-44M-6 58mm F2 [絞りF16])

解像は維持していますが、データ量的には落ちている感じです。回折現象が出てきている感じです。

 

 

必ずしも、ぐるぐるボケが出るわけではなさそうです

SONY ILCE-7M2 /HELIOS-44-6 58mm F2

必ずしも、いつでもぐるぐるボケが出るわけではなくて、ある条件がそろわないと出てこないようです。

一眼レフ時代は、なかなかぐるぐるボケが出なくて、本当にぐるぐるボケが出るのか?と思ったほどです。

ミラーレスだと、ぐるぐるボケが出ているのを確認しながら撮影できますので、それを狙って撮ると上手くいきます。

少しざわつく背景だと、ぐるぐるボケは発生しやすいようです。

 

 

SONY ILCE-7M2 /HELIOS-44-6 58mm F2 ぐるぐるボケが出ています

こんな感じですね。
EVFでも、そういうボケが発生しているのが確認できますので、容易に撮ることが可能です。

 

 

そこそこ優秀な描写

DSC08081.jpg
SONY ILCE-7M2 /HELIOS-44-6 58mm F2  クリックで等倍鑑賞可能です

ものすごく古いレンズで、その設計は戦前のものですが、絞ると解像します。スナップ用途等、十分な性能があると思います。

逆光での撮影をしていませんが、逆光耐性は、けっこう酷いものです。逆光の効果を狙うにしても、画面が真っ白になるぐらい弱いので、角度など注意しながらの撮影になると思います。

個人的に、色はイマイチという印象があります。開放では強い寒色になります。

 

 

ざざっと、こんな感じですが

SONY ILCE-7M2 /HELIOS-44-6 58mm F2

HELIOS 58mm F2 は、それなりに解像もしますし、戦前の光学設計も、なかなかのものだと気づかせてくれます。

特徴として、ぐるぐるボケが挙げられますが、絞れば解像しますし、コントラストもそれなりに上がります。

現在では、きつい部分もありますが、特性を理解しているならば、かなり綺麗に撮影できるレンズでもあります。

今ではネタ系のレンズですが、面白いレンズでもありますので、興味のある方は入手してみても良いかもしれません。

 

 

関連

Super-Multi-Coated TAKUMAR 55mm F1.8

SMC TAKUMAR 50mm F1.4

Super Takumar 55mm F2

PENTAX K-1/SMC PENTAX-A 135mm F2.8

SMC PENTAX-A 135mm F2.8

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です