blog,  スマホ・タブレット,  役立ちそうな情報

携帯・スマホで小物や商品を撮影してみる

GRATINA KYF37

スマホと言いますか、ぼくはガラホとタブレットという構成なので、スマホは持っていませんが、理屈としてはスマホもガラホも同じです。ついでに、タブレットも、同じような仲間ですから、同じように撮影することが可能です。

いまや、ほとんどの人が持っている、こういったものですが、これのカメラ機能を使って、商品や小物を奇麗に撮影できないか検証してみました。

 

 

携帯・スマホで小物を奇麗に撮影してみる

ガラホのカメラ

ぼくの GRATINA KYF37 は一応800万画素のカメラが内臓されていますが、性能そのものは、少し昔のスマホぐらいです。

今のスマホは非常に高度な写真が撮れるようになっていますが、ある状況を忠実に再現するとか、そういったことは、今でもそれほど得意とは言えません。
要は、画像処理で奇麗に見せているだけとも言えますので、ディティールなどは曖昧で、商品の細かい部分を奇麗に撮るというのは、それほど得意ではないと言えます。

しかし、カメラの基本をしっかりと押さえていれば、それなりに奇麗な写真を撮ることも可能なんではないでしょうか?

まずは環境から

ライティングボックスの中に、がま口を入れています。

どんなカメラでもそうですが、環境が悪いと、奇麗には撮れません。特に商品や作品等の撮影ならば、更に気を使いたいものです。
スタジオ等の設置方法は、以下の記事にも書いています。家にあるものでも可能です。

100均撮影グッズその1 フェルト

※スマホでの撮影なので、ストロボは使いません。
※スマホでの撮影なので、ストロボは使いません。

このような感じで、ある程度環境を整えてやることが、奇麗に撮影する秘訣です。

光量は十分にあったほうが、カメラの基本原理上奇麗に撮れます。

スマホのレンズは、撮影前は、よく拭いて奇麗にしておく必要があります。

 

 

用意した、がま口を撮影してみました。

GRATINA KYF37/何もせずに撮影した様子

なんか、普通に撮るよりもイマイチな感じです。
ですが、これには理由があります。

まず、背景が白いことで、カメラのオート機能が、全体の明るさを平均化した結果、相対的に暗い画像になってしまった。

手をぬかずに、しっかりピントを合わせてやらないと、奇麗に撮れない。

他にも理由があるかもしれませんが、だいたいこんな感じでしょうか?
しかし、スマホでも、これを大幅に改善する方法があります!

露出を調整してみる

撮影時に何もしていない状況

明るい場所で撮っているにも関わらず、真っ暗です・・
これは、周りの白につられて、カメラが明るさを平均化しようとした結果、こうなっています。

露出を調整しています

スマホアプリのカメラ機能には、さまざまなものがありますが、何らかの方法で、矢印のマークを出してください。
アプリごとに異なるので、方法は様々でしょうが、だいたいあると思います。
無ければ、他のアプリをインストールしてみるという方法もあります。

この部分を動かしてやると、画面が明るくなったり暗くなったりします。
背景が白い場合は、この部分を上げてやり、黒い場合は下げてやるとバランスの良い写真が撮れます。

ちなみに、この方法は、普通のカメラでも可能です。何が何でもオートじゃないと分からないという方は、この露出補正のマークがある部分を動かして撮影してみてください。

撮影結果

GRATINA KYF37

驚くほど奇麗に撮れました。
このくらい撮れるのであれば、世の中「スマホで十分」と言われるのも分かるような気がします。
あまり画質が良くないと言われる GRATINA KYF37 でも、この結果を得ることが出来ました!

専用機ではどうなのか?

PENTAX 645D

 専用機で撮影した場合は、それこそ専用のレンズを付け、写真に特化した機体を使うわけですから、きちんとした知識があれば、携帯・スマホを圧倒する写真を撮ることが出来ます。

写真を撮る上での基本ルールは同じなので、光量が多いほど奇麗に撮れる等のルールは同じです。
高感度撮影に強いと言っても、所詮は高感度撮影とも言えます。

ステップアップを考えているならば、レンズ交換式カメラをおススメします。
マイクロフォーサーズ~中判の機体ならば、どれでもスマホ以上に小物や商品を撮影することができます。

 

同じ環境で色々と撮ってみる

GRATINA KYF37

背景布を変えてみました。

GRATINA KYF37

カメラを撮ってみました。
スマホカメラは、基本広角寄りなので、このようにパースがつきすぎてしまう所はあります。

これらの写真は、後処理無しの状況で、こんな感じです。トリミングもしていません。これを更に無料ソフトで奇麗に処理することも可能です。
スマホアプリでも良いのですが、画面が小さく見ずらいため、細かい処理はやりにくいという点があります、
最も良いと思われる無料ソフトを次に紹介してみます。

 

 

GIMPで後処理をしてみる。

GIMPは、無料ながら、非常に優秀で、多機能な画像処理ソフトです。
このソフトを使って、様々な処理が可能ですが、ここでは非常に簡単な処理についてだけ説明します。

GIMPは、以下のサイトからダウンロード可能です。

GIMP

GRATINA KYF37

こちらの画像を簡単に処理してみます。

GIMP

色→レベルから、赤矢印のスポイドのマークをクリックします。

画面のように白い部分でも明るい場所をクリックしてみると、緑がかったような感じも直り、背景は奇麗な白になりました。

他にも、色→トーンカーブを開いてやり、カーブをコントロールして、好ましい画像になるように調整することも可能です、

他にも色々な機能が満載で、画像処理に必要なものは、無料ながらほとんど揃っています。
興味のある方は、是非お試しください!

GIMPで上記の機能を使って処理した画像

 

 

ざざっとスマホカメラによる小物撮影について書いてみましたが、出来ることは他に沢山ありそうです。
何かありましたら、また書き加えてみようかと思います!

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です