100均で撮影グッズ,  blog,  役立ちそうな情報

100均撮影グッズその1 フェルト

こちらの記事は、薔薇迷写真部の部員向けの記事ですが、一般的な事なので、誰でも共通して活用できます 。

 

写真撮影するにも、お金がかかるわけですが、極力お金をかけずに撮れるのであれば、それに越したことはありませんし、写真そのものというよりは、自分が作ったアクセサリーや小物を奇麗に撮りたいという方は多いのではないかと思います。
そこで、活用できるのは、100円ショップ!
そこから、使えそうなものを探して使ってみようかと思います。

ダイソー 手洗いOK フェルト

ダイソーに行くと、何種類も色があるわけですが、フェルトのコーナーがあります。

これを、何に使うのかと言えば、写真の背景として、使ってみることにします。

個人的にもそうなんですが、専用の道具は高い上に大きかったりで、何かと使いにくいわけです。
手ごろなものがあれば、使いやすいですし、いちいち手入れとかしなくて済みますので楽です。

このフェルトは、小物などを撮るのに、非常に便利です。

背景布として使う

このように、カーブを描くように、百均フェルトを敷きます。
ライティングボックス等あれば、尚良しですが、無くても壁などに合わせて、このように敷いてください。

色々なカラーがある

店に行ってみると分かることですが、このフェルトには色々なカラーがあります。
セリアにもありますが、そちらは、今のところ若干小さいため、ダイソーのほうをおススメします。

最も使いやすいカラーは白です。
理由は色々とありますが、もし後処理として画像処理をするとしても使いやすいのです。他、反射率の高い色なので、カメラの感度を抑えて撮ることが可能です。

 

 

撮影準備 スタジオを作る

ライティングボックスがある場合
ライティングボックスが無い場合

このように、ストロボ、またはライトを何灯か用意します。ライトは、普通のスタンドでもかまいませんが、なるべく明るいものが良いです。理由は、カメラというものは、そもそも太陽光を基準に低感度が用意されていて、その明るさでパフォーマンスを発揮するように出来ています。

感度は上がるほど画質は悪くなるので注意が必用です。
奇麗に撮れないのであれば、せっかく奇麗に撮るために用意したものが台無しです。

最近は、アマゾンや楽天等のネットで、折りたたみ式のライティングボックスを安く売っているので、そちらがあると便利です。

ストロボに関して言えば、アマゾン等で3000円ぐらいから、マニュアル式に安いものがありますので、それでも十分です。2灯以上あると便利です。

その他に便利なものとして、レフ板等があります。これも100均商品で代用できますので、後程記事にしようかと思います。

 

 

撮影する

とりあえず、撮りたいものをこのように置いてみます。
例えば、上の写真のような状況で写真を撮る場合、残念ながら、オート撮影では奇麗に撮れません。
頑張ってマニュアル操作する必要があります。Mモードを使用してください。
何故オートだと奇麗に撮れないのかと言いますと、オートは、常に明るさの平均値でしか撮れないというところにあります。
あとカメラには絞りがありますので、オートだと任意の被写界深度を得ることができません。つまり、全体をなるべくはっきり写したい場合でも、勝手に絞りを開いたりするため、背景が必要以上にボケてしまう可能性があります。

被写体を、ある程度はっきり写したい場合は、一眼カメラなら、絞りの設定をF8ぐらいにしておくと安定した写真を撮ることが可能です。
ただし、家庭用ライトなどで撮影する場合は、光量不足で、シャッターがスローになってしまい、手振れの原因にもなりますので、注意が必用です。

この絞りを固定して、次には、シャッタースピードを調整していきます。
ある程度シャッタースピードを落としたところで、明るい画像が得られるはずです。
デジカメは何枚でも撮れるので、明るい画像を得られるまで調整してみてください。

ストロボがある場合は、余裕で光量を得られますので、それほど大変な思いをしなくて済むかもしれません。

ライトの位置は、被写体が奇麗に見えるように、色々と動かしてみてください。

スマホでも撮れる?

一応、スマホでも撮れるかどうか確認しましたので、こちらを参照してください。

携帯・スマホで小物や商品を撮影してみる

デジカメで、どうしてもマニュアル撮影が分からない場合も、似たような方法があります。

 

 

撮影結果

こんな感じで、奇麗に撮れました。
フェルト以外に、普通の布や、画用紙も、同じように使用できます。
撮影には手間がそれなりにかかりますが、ちょっと勝負写真を撮りたい場合は、こういった方法も試してみると良いかもしれませんよ!

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 写真関連は、初の写真作品で、キヤノン写真新世紀2019年度グランプリ受賞。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。- お仕事のご相談など、気楽に、ご連絡ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です