100均で撮影グッズ,  blog,  役立ちそうな情報

100均撮影グッズ その2 カラーボード

こちらの記事は、薔薇迷写真部の部員向けの記事ですが、一般的な事なので、誰でも共通して活用できます 。

 

カラーボードを使って、前回の撮影手法を更に高度にすることが可能です。
基本的には、レフ板と同じような考え方ですが、この板に光を反射させて、撮影モチーフに色味の変化を与えます。

ダイソー カラーボード 3P

こういったカラーの発砲スチロールの板ですが、これを使って影に色味をつけることが可能です。

使用法

例えば、ライティングボックスの中に、カラーボードを置いてみる

基本的にレフ板のような感じで使います。
むしろレフ板の記事を先に書けば良かったのですが、場所をとるため、今回は後回しにしました。

この板の反射光を利用して、写真に効果を加えてみます。

 

 

効果

カラーボードが青の場合

例えば、カラーボードが青の場合は、このような効果が得られます。
影が寒色系なので、野外晴天の影などに近い色合いになります。
ですが、少々クールなイメージがあります。
野外晴天の場合は、光が当たっている部分は暖色系になるため、そちらのイメージのほうが強いのです。
光源を、暖色系にすれば、また違った印象になるかもしれません。

カラーボードが黄色の場合

影は黄色になります。
例えば、このボールを、地面に近づけた場合などは、ここまで黄色くはないとしても、こんな感じの反射光を得られるかもしれません。
こういう影が欲しい場合は、黄色を使います。

カラーボードが赤の場合

影は、分かりやすく赤になりました。
物に、赤味を加えたい場合は、赤のボードを使うと良いでしょう。

 

 

小物やアクセサリー、カメラ等の撮影

カラーボード青を使用

寒色系の写真になりました。金属質が際立って見えます。
こういう雰囲気で、何か小物やアクセサリーを撮りたい場合は、青のボードを使ってみましょう。

カラーボード赤を使用

暖色系の影が出来上がりました。少し情熱的な感じになったでしょうか??
アクセサリー等を撮る場合に有効な色の一つでしょう。
ダイソーのカラーボードは3色ありますので、色々と試してみると良いでしょう。

 

 

まとめ

カラーボードは、レフ板の一種のようなものですが、様々な効果が期待できます。
小物を撮るとき、何らかの効果を与えたい場合に便利です。

必ずしも必要なものとも言えませんが、ちょっとした効果を与えることで、写真の出来が大きく変わる事もありますので、もし気になったら、使ってみるのも面白いかもしれませんね。

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です