blog,  思想、哲学

人は法で動くわけではない

人間は法では動かない。多くの人が法の事なんか知らないだろう。普通にしていれば、それほど大きな問題が起こるわけでもない。つまるところ、法が人の感情やら道徳観にすり合わせて作られている。

法というのはつまり制度と置き換えても良いが、根本的な事を言えば、こういうものに逆にすり合わせているのが現代のアートだということに、どれほどの人が気が付いているだろうか?

人間の感情やらそういった諸々の事に寄り添う事のない法というものが終わっているという事に関しては、それを理解できる人は多い事だろう。

ぼくは、その事に気が付いていて、そこを突いているだけにすぎない。

このような事は、誰に聞くでもなく、自然に気が付くものだと思う。それに、ぼくは若くして楽園を追放されているので、気づかざるをえない。

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 LensCulture 等で発表。 写真関連は、初の写真作品で、キヤノン写真新世紀2019年度グランプリ受賞。東京都写真美術館で個展、LensCulture Art Photography Awards 2022にて Jurors’ Picksなど NHK ドキュメント20min.「蟻(あり)と人間とぼく アーティスト・中村智道」で紹介される どこまで流されるのか・・目的地は不明。 自閉症スペクトラム障害・障害2級  尚、写真等の無断使用はお断りいたします。一言ご連絡ください。 お仕事のご相談など、気楽に、ご連絡ください。 e_mail:696969bara@gmail.com(マネージャー月影)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。