blog,  写真日記

金サジさんの個展“白の虹 アルの炎”行きました

京都にきまして、金サジさんの写真展「白の虹 アルの炎」観にいきました!
今日は、初日でありますが、韓国の儀式 ※告祀”コサ”に参加しました。
会場に入ってから一言「なんか、以前会ったことある人がいる。。あの太鼓叩いてる人。。人違いだろうか?いやっ!確かに会った」というわけで会っていました。岡山で8年ほど前だったか。。
次に注目したのは、このぼく好みの祭壇であります。いや、なんか羨ましいぞこれ!?まぁ、ぼくがやったらおかしいからやれませんが。。

とりあえず、なにかめでたい感じもしますし、今年の招福と厄祓を含めた行事との事。ぼくも間に合うように11時に来ました。朝5時ごろに電車に乗ったので、今はとても眠いです。それは良いとして、参加出来たので、ぼくも儀式に参加ですよ。
しかし、見本を見せられましたが、やり方の詳細が分からず緊張します。

とりあえず、参加してみました。ここだけ見ると、イスラム教みたいに見えますが、立って合唱、で、この体勢を繰り替えすわけです。皆さんまちまちの回数でしたが、とりあえず三回やってみました。頭の中真っ白で、何も考えられなかったっす。

コサが終わったのち、めでたい食事をするわけですが、この豚の頭の解体を誰もしないので、我々、ぼくと月影が参加しました。
なかなか骨の位置が分かりにくいらしく、苦戦している模様。途中でぼくが変わりましたが、なんとなく魚をさばくのに似ているのではないか?と思い、やってみたら、やはりそうで、最終的にはタンまで取れました。

ううっ成仏せえよ。。可愛い顔だったのに。
ぼくも食べたかったのですが、ホテルに持ち帰ることが出来なさそうなので、解体だけやりました。この後、顎もはずしています。

※これは作品ではなく儀式です。展覧会は、この後スタート。会場にはかっこいい作品が展示されておりました。いわゆる、ルーツに関する内容だと思われます。おススメです。興味のある方は是非!
「白の虹 アルの炎」

この後、ホテルに行くまでダラダラしていたわけですが、某映像作家の寺嶋真理さんの武勇伝が何故か聞けました。皆さん大変だったみたいで、その話は熊谷さんという方に聞きました。あとサジさんも大変だと言われました。すると、すかさず月影も、中村も大変ですと。。何度も死に際を彷徨ったのだとか。。申し訳ありません。

その後ホテルの近くのラーメン屋へ、第一旭だそうです。本当は、別の店に行きたかったのだけれど、少々疲れましたので、ここで。

ここのラーメン、めっちゃ美味いです。体調壊すから、これ以上食べなかったけど、これから再び遊びたい気分。だけど寝ようかなぁ。。

そうそう、フィルム一眼で初めて撮影しましたよ。直したかめらですが、もしきちんと直っているなら、撮れていますし、撮れていないなら、まだ直っていないということです。現像楽しみだなぁ。

本来、映像作家で、アニメーションなどを作っているはずでしたが、あまりのしんどさから体調崩して病気になり、とてもじゃないけど、アニメーションなど作れない状態に陥り、現実逃避から、流れに流されて写真などを撮ってストレス発散している次第であります。 基本的にテーマなどなく、その日の気分で撮った写真とかをアップしたり、たま~に日の目を見なさそうなマイナー機材や、既に終わっている機材をレビューしたりしていきます。 昭和シェル石油現代美術賞、イメージフォーラム・フェスティバル、バンクーバー国際映画祭、オーバーハウゼン国際短編映画際、タンペレ映画祭、ポンピドゥーセンター、ソフィア王妃芸術センター、キヤノン写真新世紀 等で発表。 どこまで流されるのか・・目的地は不明。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です